DIY・修理など

過走行、無交換の車のATFを交換するときの2つの注意点

ATF・デキシロンⅥ

現在の日本ではMT車は絶滅しつつあり、主流は完全にAT車(CVT)だ。エンジンオイルは交換するようにと言われるけど、ATFは交換派と交換しなくてもよい、とする非交換派と分かれている。

私はATFも交換を推奨している。だけど一気に交換するのは好ましくないと考える。AT本体を痛める、または故障させてしまう恐れがあるから。

今回はATF交換について述べていこうと思う。

 

続きを読む

タイヤに静電気を除電する驚きの仕組みがある~導電スリット~

導電スリット

トヨタが考案したアルミテープチューニングだが、タイヤにもアルミテープを貼ることで効果が得られた。との書き込みを見かけた。

気になってタイヤの仕組みについて調べていくと、タイヤそのものに除電させるような構造が組み込まれていることがわかった。タイヤメーカーも静電気の抵抗がタイヤの転がりに悪影響を与えるのをわかっている、ということの表れではないのか。

 

続きを読む

走行距離の増えた車は点火系のリフレッシュがオススメ!

R2 コイル交換

走行距離の増えた車を所有したことはあるだろうか?私はというと通勤に使用している歴代の軽は年間1万5千キロ程走り、あっという間に走行距離が伸びていく。

現在メインで使っている今のDTSも11万キロを超え、以前のリンカーン・タウンカーは16万キロ(10万マイル)まで乗り続けた。今まで所有した車はほとんどが過走行と言われる部類に入る。

走行距離の増えた車でオススメしたいことがある。それは点火系のリフレッシュ。具体的にはプラグ交換、イグニッションコイルの交換だ。その理由を記載していきたい。

 

続きを読む

ヘッドライトの黄ばみについて。1度磨くとまたすぐ黄ばむので注意

DTSヘッドライト

ヘッドライトの黄ばみ、で検索すると数多くのサイトがヒットします。それだけみんなヘッドライトの黄ばみに興味・関心があるということなのでしょう。

車のヘッドライトにはポリカーボネイトが使われていてこの素材は太陽の紫外線に弱いとされ、紫外線を長期間受け続けると黄色く黄ばんでしまう、と言われています。

黄ばんだらピカールで磨く、コンパウンドで磨いてキレイに。その後はコーティングしましょう。という流れのサイトがあまりにも多く、ヘッドライトを見たらすぐに磨きなさい。と言わんばかり。

ヘッドライトの磨きすぎはあまり良くありません。まだ透明感のある内は放っておいた方がいいです。その理由を記載します。

 

続きを読む

タイヤ空気圧センサーに注意!空気を補充したらリセットを!

空気圧センサー

近頃急激に普及してきた感のあるタイヤ空気圧センサー。ごく1部の高級車にしか装備されていませんでしたが、みるみるうちに装着車が増えてきています。

このタイヤ空気圧センサーは大変便利な反面、ちょっとしたトラブルも報告されていますので、今回はその辺りの話をしていこうと思います。

 

続きを読む

純正アーシングポイントを清掃するだけでパフォーマンスアップ!

R2エンジンルーム

車は経年による劣化で少しづつ本来の性能を維持できなくなってきます。燃費が悪くなってきたとか、エアコンの効きが悪いとか、エンジンのフケが悪くなってきた、乗り心地が悪くなったなど、その感じ方や症状は様々。

それは車に装備されている電装部品も同じことで時間が経つにつれて劣化していきます。ヘッドライトがチラつくようになったり、上記の燃費が悪くなる症状もスパークプラグの劣化やイグニッションコイルの不調が原因かもしれません。車の電装部品は軽自働車も高級車も、修理するとなると多額の費用がかさむ傾向にあります。

なのでちょっと調子悪い、位では交換になかなか踏み切れないのが悩ましいところです。そこで1度試してほしいのがアースポイントの清掃です。やり方は非常に簡単で純正のアースポイントを外して、端子と設置場所を磨いて元に戻すだけ。

コレだけでヘッドライトのチラつきの改善、車のパフォーマンスが向上する可能性があります。実際に私が試した車でアースポイントを磨いただけで燃費が1割伸びた車もありました。以下に私が試したことを記載します。

 

続きを読む

アメ車の故障はこれさえわかれば怖くない!6つの主な場所。

DTSオフ

「アメ車はよく壊れる。」

こんな言葉をよく聞きます。輸入車をお乗りの方であればアメ車に限らず、外車は壊れやすいとか、すぐダメになるとか、色々言われることかと思います。

特に米国の車に関しては他の輸入車よりも風当りが強いのか、一層言われる言葉のように思います。今日はそんな私の、愛すべきアメリカの車の故障体験談を交えてお話ししようと思います。

 

続きを読む

車のバッテリーの役割~補充電によるメンテでロングライフ

デルコ

車のバッテリーを変えてから約3年。早ければそろそろ寿命を迎える頃だ。エンジンのかかりも変えた最初の頃と比べると少し鈍い。私の車、キャデラックDTSは週に1回乗るかどうかであとは完全放置。バッテリーにはあまりうれしくない環境にある。ソニカの方は毎日ガンガン乗っている。

今まで車のバッテリーにはあまり気を配っていなかったが、オプティマ・イエローに変えてからは、重要な部品であることに気づく。

いつもは何も考えずにとりあえずサイズの合うバッテリーを買っていたが、今回車のバッテリーについて、ちょっと勉強してから交換してみようと思った。

 

続きを読む