セルスターCSD-790FHG~性能や使い勝手はどうなのか?

CSD-790FHG 自動車関連
スポンサーリンク

次の車を購入するにあたってドラレコを本格的に取り付けてみようという気になりました。

今乗っているSRXクロスオーバーにもドラレコは付いているものの、SDカードはないしモデルは古いし、電源は入っていますが録画はしておりません。

その内なんとかしよう、と思いつつ売却の日を迎えてしまいました。

今度のキャデラックXTSではちゃんと設定しようと思い、ドラレコの購入を考えていますが私はドラレコのことに関しては全くの素人で何もわかりません。

とりあえずカー用品店に行って適当に物色、セルスターの「CSD-790FHG」というモデルをその店舗は推していたので何となく気になって調べてみました。

スポンサーリンク

CSD-790FHGの特徴を調べてみた

2台のカメラで前方・後方の録画が可能

CSD-790FHGの最大の特徴が2台のカメラで車両前方と後方の録画が可能、という点です。

フロント用とリア用のドラレコを分ける必要がない、というワケです。

ただ、画質については最近のドラレコにしてはそれほどキレイではないという意見が多いですね。

ですが文字が潰れて見えない程ではないのでドラレコとしての仕事はきっちりしてくれそうです。

夜間撮影に強い

CSD-790FHGは夜間の撮影にとても強いモデルで、ユーザーレビューを見ても評判がよく、業者の方もこの夜間の画質については高評価です。

特にフロントカメラについてはソニー製のExmor R CMOSセンサーSTARVIS(スタービス)を採用しており、メーカー説明ではナイトビジョンVer.2と銘打って暗闇の中での高画質、鮮明さを強調しています。

ドラレコ比較サイトや価格.comを見てもとりわけ夜間撮影に関してはお墨付きみたいです。

SDカードの初期化がいらない

今回ドラレコのことを調べていてわかったことなのですが、ドラレコに使うSDカードは定期的にメンテナンスが必要なんだとか。

具体的には一定期間毎に初期化してあげる、というひと手間が必要みたいですね。2週間とか3週間とか。

録画していくとSDカードの容量がいっぱいになる。いっぱいになったら古いデータから上書きして最新のデータを保存していく….

いわばところてん方式でドラレコは成り立っているようですが、SDカードを頻繁に上書き・消去を繰り返しているので使い続けているとデータが断片化してしまうようなのです。

要はパソコンと同じなのかな、と思いました。初期化してデフラグしてあげる、という意味合いなのでしょう。おそらく。

CSD-790FHGはその初期化の必要がないみたいなのでこれはイイのかなと。

設定した録画画質によってmicroSDカードにセルスター独自のファイルシステムが適用されます。このシステムでは録画ファイルの断片化を無くし、エラー発生率を低減するので定期的なフォーマットが不要となります。

https://www.cellstar.co.jp/products/recorder/csd/csd-790fhg.html

新規購入するSDカードは1度初期化が必要になるみたいですが、あとはメンテナンスフリーで使えるようです。

CSD-790FHG問題点

リアカメラの画像を見るには専用ソフトが必要

せっかくの2カメラ式なのにリアカメラの映像が本体側で再生できないのが大きな問題のようです。

再生するには専用のビューワーソフトをセルスターHPからインストールするしかなく、万が一事故にあってすぐにでも証拠映像が欲しいといったとき、リアカメラの映像提出がワンテンポ遅れてしまいます。

特に警察が現場検証の際にわざわざ自前のPCにCSD-790FHGのビューワーソフトをインストールするとは考えにくく、現状のままではフロントカメラのみのドラレコと変わらないのでは?

とする意見もありました。

少なくともWindowsでは普通に開けるようなファイル方式にしてもらいたいものです。

タッチパネルは感圧式

CSD-790FHGのパネルは感圧式です。

この点は特段悪いというワケではありませんが、ボタンが小さいことと感圧式であるが故、押すと画面が動きがちという地味に面倒くさい仕様となっています。

スマホライクに扱えればまだマシだったかと思われるのですが、いちいちボタンを押すたびに画面が動いていたら煩わしいことこの上なし。

可動部分であるヒンジに個体差によるバラつきがあるようで硬い物もあれば緩いものもあるとか。

日本製なのになんだかなあといった感じです。設計時の寸法公差が甘いんでしょうか。

リアカメラの画質はそれなり

前述したようにCSD-790FHGは夜間の高画質が売りのモデルです。

しかし、それもフロントカメラだけの話でリアカメラの画質はそれなりだ、意見もちらほら見かけました。

リアガラスにスモークを貼ってあると夜間は後方車両のヘッドライトがぼんやりと見えるのみ、等リアカメラにはCMOSセンサーを搭載していないので昼間の視界は良好、だけど夜間は….と不満の声がありました。

性能を考えるとやや高額か?

CSD-790FHGは2018年当初リリース時、本体だけでも4万前後したらしいですが現在は3万するかどうか?といったところです。

このカメラ性能であれば2万切る位が妥当、工賃含め4~5万は高い、とする声が。

自分で取り付けできる方であればネットで購入してしまえば価格的にはまあまあ妥当なところだけど、取り付けをお願いするとなるとリアカメラの配線を引き回すのがちょっと面倒で工賃がかさみそうです。

車や作業者によっては天井内張りを剥がすでしょうし….今の時代ならリアカメラは有線ではなくて無線にすれば良かったのでは?と個人的には思うところです。

このモデルを調べてみてだんだんドラレコに興味が出きました。

お店でもっと色々なドラレコを見てみようと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました