日本で1番売れているボディーカラーの色は白!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
タウンカー

車のボディーカラーって何が1番人気があるのか?どれが1番売れているのか?知りたくないですか?

そういった情報を統計してBASF(本社:ドイツ ルートヴィッヒスハーフェン)という会社があるのですが、2017年度のデータが発表されています。

スポンサードリンク

車のボディカラーは何が1番売れている?

世界的にホワイトが1番人気

車のボディーカラーって白・黒・シルバーが1番多いような気がしています。特に日本は保守的な考えが個人的には多いような気がしていて、あまり奇抜な色は好まれないと思っています。

少し前にピンクのクラウンが正式に市販されたときは度肝を抜かされました。近所でも数台見かけましたが中々似合うというか、以外な組み合わせの中にも光るモノがあるなあって思いましたね。

限定カラーですからそうそうお目にかかれないのですが奇抜さと高級感がうまい具合にマッチしたいい例だと感じました。

それは特殊な例ですが昔から車の色って白と黒。これはどんな車でも人気のカラーで次いでシルバー、という自分の中ではそんなイメージです。

BASFが発表した資料の中には世界的にホワイトが1番人気。というデータが出ています。

ホワイトが39%、次いでブラックが16%、13%でグレー、シルバー10%と続いています。

ホワイトとブラックは人気を2部している。と勝手に想像していましたが意外とひらきがありますね。

日本でもホワイトは人気は不動のもの

世界ではなく気になる日本ではどうなのか?

ここ日本でもホワイトの人気は絶大なもので同じく39%とダントツ人気だそうです。

16%でブラック、11%でグレー、シルバーとなっています。

スポンサードリンク

その他カラーは

7% 青
6% 赤
5% ブラウン
3% 黄色
1% 緑
10% その他

となっています。

私のこよなく愛する「青」はグレー・シルバーの次点にいる辺り、結構人気があると思っていいようです。

スバルなどはブルーのイメージが強いし、スポーツカーでも青色は根強い人気があります。

・車のボディカラー 世界的に白が人気!日本の人気カラーランキングは?

欧州ではブルーとグレーが人気

欧州では無彩色であるグレーの人気が続いています。

昨年は全車両の約78%もの比率をホワイト、ブラック、グレーまたはシルバーが占めていました。なかでもグレーの割合は19%に増加して今では欧州ではブラックと並ぶ人気色なんだそうです。

グレーの色合いは現在100以上のバリエーションがあり、ブルーに次いで2番目に多い色合いを持つカラーとなっています。

 

北米では特殊な色が優勢

北米マーケットでは新しい顔料技術でキラキラ輝く特殊効果への需要が高くなっていることを指摘しています。

それによって北米で最も人気の高い自動車色であるホワイト、ブラック、シルバー、グレーに、豊富なバリエーションをもたらしています。

例えばキャデラックATSのブラックダイヤモンド、というカラーはまさにダイヤモンドが塗料の中にちりばめられているような色合いを醸しています。

これまでのパール系塗料とは明らかに違い、パール粒子が荒いようでも細かいようでもあり、面白い表情をもつカラーです。

こういったカラーが北米では人気が高まっているのでしょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

筆者へのご連絡はこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

コメントを残す

*