エンジンオイルメーカーと種類を紹介~オススメはこれかも?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
エンジンオイル棚

エンジンオイルの種類は昨今、数えきれない程多く存在します。

車のメンテナンスの中で最も基本とも言える、そして最も奥が深いとも言えるエンジンオイル交換。

銘柄は勿論、粘度を変えるだけで愛車の印象がガラっと変わる….これ程面白くて変化感の味わえるメンテナンスは多くはありません。

車に詳しくない人も、マニアの人も、必ず直面するエンジンオイル交換。

ここでは量販店や一般的によく耳にするようなエンジンオイルを紹介します。

私が使ったことのあるオイルはちょっとした感想も添えています。

スポンサードリンク

エンジンオイルの種類

ワコーズ(WAKO’S)

プロステージS

メイドインジャパンのオイル。青いパッケージが特徴的な言わずと知れたメーカー。知らない人はいないのでは?

しかし知名度はあれど、何故かあまりオートバックスなどの量販店では置いていなく、整備工場などをメインに販売されている。

決してオイル販売メーカーとしては大きな会社ではないけど、ここまで世間に浸透しているワケはやはりその裏打ちされた商品の性能によるものだろう。

ワコーズ信者、とまで呼ばれる人もいる程ワコーズ製品を愛用している人は本当に多い。その商品力もさながら、豊富なラインナップも魅力だ。

言わば東京下町の町工場、のような存在だと思っている。小さなメーカーながらも日本のエンジンオイル事情を支えている。そんな存在。

ワコーズの営業スタイルは自社の営業マンが整備工場やディーラーに訪問販売する、というスタイルは昔から。今も昔も芯がブレず、下町職人気質で良い物だけを世に送り出す。

そんな姿勢がファンを地道に増やして今日に至るのだろう。

<筆者の感想>

以前までよく使っていました。通勤用の軽にプロステージSを主に入れていましたね。

幸いなことに近所のオートバックスでワコーズオイルの取り扱いがあるので、いつも入れていたわけではありませんが、気が向いたときに入れていました。

軽に使用する分にはなかなか良いフィーリングでガンガンに踏み込んでも劣化が少なく、わりと長く使えました。(スバル/R2)

キャデラックDTSに同オイルを入れてみたところ、なんだか重ったるい感触でエンジンにキレがなくなってしまいました。直前まで使っていた格安オイルの代名詞・シェブロンとそんなに変わらないんじゃないか?

と思い、使用をすぐに止めて早い段階で下記のモービル1・0w40に入れ替えてしまいました。

たまたま相性が悪かっただけなんだと思います。

・ワコーズHP

 

モービル(Mobil)

モービル0w40

グローバルスタンダードオイル。企業がエンジンオイル開発の際、必ずと言っていい程ベンチマークなどで名前が挙がるとされるメーカー。

有名な話で自社のエンジンオイルを使用したメルセデスベンツE350を100万キロ走らせた結果、エンジンにはなんら異常はなく、新車と変わらない状態だった、という話があります。

車は高速道路シミュレーターに載せられ、様々な気象条件や気温で暴露され試験されました。
20万キロ走行後、エンジンは分解点検され、その結果はエクソンモービルのエンジニアを非常に喜ばせました。
エンジン部品の摩耗は最小限に抑えられ、メーカーが定める新品パーツの許容差内だったのです。
Mobil 1 のパフォーマンスに満足した開発チームは分解したエンジンを再度組み立てて、更なる長期テストに入りました。
走行距離が100万キロに達した後も、先進の合成エンジンオイルであるMobil 1はその性能を発揮し続けました。
エンジンの摩耗は引き続き抑えられ、沈殿物もほとんどなかったのです。
これらの結果からMobil 1はエンジンを新品同様の状態に保ち、それは100万キロ走行した後も変わりないことが実証されたのです。

モービル1 HPより抜粋

モービル1の0w40は日産GTRの指定エンジンオイルとされていることから、エンジンオイルとしての性能は折り紙付き。

店頭でも入手しやすく、迷ったらモービル1を入れておけば間違いない。という話も。

<筆者の感想>

スタンダードなオイルから本気仕様のオイルまで、色々なニーズに応えられる万能メーカー。

モービル1000、モービル3000とは似て非なるオイルらしいです。

同シリーズの距離を重ねてきた車両用のオイル、モービルスーパー・ハイマイレージにも注目が集まっています。

私はモービル1・5w30、0w40を主に使用していました。5w30は軽に、0w40はDTSに。

スズキ/keiに5w30を入れたときは正直言ってモービルはダメだな、と思っていました。入れた途端にガサツに回るエンジンに早変わりし、エンジン音がガラガラと唸る始末。

それ以降モービル1は全く信用していませんでしたが最近になって5w30がジェームスで安売りされていたこともあり、

ダイハツ/ソニカに入れてみたところ、値段の割にいい働きをするなあ。と過去の悪かった評価を覆すに至りました。

続けざまに車好きにも高評価の0w40をDTSに使用してみたところ、自分の中でモービル1の評価は不動のものとなりました。

なめらかなフィーリング、静かなエンジン、力強いトルク感、全てにおいて満足しました。

今は違うオイルに浮気していますがまた元に戻す可能性は大いにある、イチオシのオイルです。

・モービル1HP

 

カストロール

<引用元>https://cyclestyle.net/article/2017/08/31/51266.html

カストロール社の歴史は古く1899年にイギリスで創業しました。カストロールの語源となったのはヒマシ(Castor Oil)です。
カストロールの香りとは1960年代より日本で用いられた言葉とされ、当時の2ストロークバイクのカストロールオイルには、ベースとしてヒマシ油が使われてたそうです。
このヒマシ油の甘い香りのことを、「カストロールの香り」と呼ぶことになりました。
ライバルは後述するモチュール社で、エンジンオイルの信頼性は鉱物油、化学合成油問わず高く、モービル同様広く一般店頭でも入手しやすいオイルです。

近年ではチタンFSTと呼ばれる独自の技術(チタン油膜強化技術)を導入し、非常に大きな圧力に対するオイルの反応そのものを物理的に変えて油膜強度を強くし、

摩擦を低減させエンジンそのもののパワーを余すことなく伝えるオイル。として注目されています。

<筆者の感想>

カストロールのオイルはあまり入れたことがなく、よくホームセンターに置いてある安売りされているカストロールオイルありますよね?

コスト面でアレを入れていた時期もありますが、それに限って言えば….まあ普通のオイルかな?と。

通勤用の車や社用車にはもってこいなオイルなのでは。安いし。

10年程前にカストロールの上級グレードに位置するオイルを入れたことがありますが、あまりいい印象は残っていなかった記憶があるので、個人的にはなんとなく敬遠しているメーカーです。

・カストロールHP

 

スノコ(SUNOCO)

<引用元>http://orm-web.co.jp/headline/sunocosvelt_euro_5w-40.php

スノコはベースオイルを全合成とすることでスラッジの発生を抑えて常にエンジンをクリーンに保ち、エステルを配合することにより低温時から高温時まで、幅広い温度域からエンジンを確実に保護してくれます。
オイルのブレンド行程にドライエア方式、という方式を導入。

スノコはオイルの精製方法にもこだわっています。

ブレンディングタンクの底から乾燥エアを送り込んでかき混ぜる方法で不純物を極限に嫌う冷凍機油のブレンド方法を採用しています。一般的なプロペラ攪拌法で懸念される機械部の油分や水分が混入する可能性を限りなくゼロに近づける製法です。

スノコHPより抜粋

また、全てのエンジンオイルに最高級素材であるエステルを配合していることも有名で、高額になりがちなエステルオイルの中でもリーズナブルにエステルオイルを体験できるとあって、その辺も人気の秘密です。

<筆者の感想>

スノコの最大の特徴と魅力はやはりエステル配合、という部分でしょう。

エステルオイルをいれてしまうとやみつきになります。

なめらかでありながら低速トルクも出せて上までよく回る、エンジンにとって理想的な状態、働きをエステルは最大の効率でサポートします。

今現在通勤用の軽(ダイハツ/ソニカ)にスノコ・スヴェルトを入れていますが、やはりイイです。

ターボ車で現在オイル交換から3,000km程走っていますが、初期のフィーリングがまだ持続しています。ややうるさくなってきたかな?といった程度。

以前よく入れていた個人オイルブレンダーの方が販売していたエステル配合オイルとは1ランク上のオイルに感じます。そのオイルも価格の割にはいい仕事をするので重宝していますが。

エステルオイルが気になる人はスノコを試してみて下さい。

・スノコHP

 

アッシュ(A.S.H)

<引用元>http://www.bigr.jp/ASHoil.htm

知る人ぞ知る、的なメーカー。

エンジンオイルによく使われるポリマーとは「増粘剤」という添加剤で、低温から高温まで幅広く対応させるオイルを作る際に使われます。
しかし一方で熱に弱く、一度高温に晒されるとスラッジ(汚れ)の原因となってしまいます。
アッシュオイルはこのポリマーを使用しないことで、エンジン・ミッション内の汚れの原因を排除しているそうです。
ノーポリマーの利点としてオイル自体が汚れにくいので「劣化しにくい」ということにつきます。
それゆえに油膜粘度が低下せず、ベストな状態を安定して長く保つことができ、ロングライフでの使用が可能になります。
どちらかといえばサーキットを走ったりするような使い方をする方に好まれるオイルです。

http://www.jcd-products.com/

 

ニューテック(NUTEC)

<引用元>http://minatomotors.blog.fc2.com/blog-category-19.html

コストカットよりも品質を優先した製品開発をモットーとしているニューテック。
今では数少なくなったエンジンオイルマニアや、車好き/走るのが好き、というユーザーがターゲット。その為価格は一般的なエンジンオイルよりも値が張る。
ベースオイル自身を高性能化することによってオイル性能が劣化しにくい特徴を持っています。
ニューテックのオイルは超微粒子分子構造で、せん断性、熱伝導性、極圧性に優れているとされています。
微細化されたオイルは金属表面に吸着し、極薄油膜を形成し強靭で油膜切れを起こさない理想的な滑接面を作りだしてエンジン内部のフリクションが劇的に低減し、車両が変貌する様が手に取るようにわかります。

・ニューテックHP

スポンサードリンク

モチュール(MOTUL)

<引用元>http://sugahirock.com/2718/

世界で初めて100%化学合成の自動車用エンジンオイルの市販化を実現したメーカーです。
モチュールと言えばエステル、従来のダブルエステル テクノロジーを革新的に進化させたMOTUL独創の新技術、
エステル・コアテクノロジーによって、エンジンの出力向上と信頼性の向上に貢献。

従来より評価の高かったレスポンスの良さに更に磨きがかかっています。高温時の油膜強化と油膜の厚さがさらに強化され、過酷な条件下でもエンジン内部を磨耗から保護します。
また、せん断による粘度低下ゼロを実現。安定した油圧を維持します。(実際にはゼロではないらしいが)

・モチュールHP

 

bp(バービス)

<引用元>http://www.bp-oil.co.jp/

低排出ガス車、燃費基準達成車に適した高性能エンジンオイル。「バービスシリーズ」
高性能・高出力エンジンを汚れから守る、高性能エンジンオイル。「バービス sport」シリーズ
軽自動車やコンパクトカーに適した高性能エンジンオイル。「バービスミニ」シリーズ
高温、高負荷にさらされるディーゼルエンジンのために開発された高性能オイル。「バービスディーゼル」シリーズ。

豊富なラインナップでユーザーのニーズに応えます。
ストップ&ゴーの多い日本の道路事情は街乗りでは油温が高くなったり、また十分に温まらない状態におかれています。

オイルにとってこれらの状況は高速道路走行よりも負担が大きくなり、低温スラッジなどの異物が発生しやすくなります。

BPの新技術「クリーンガード」は、このような状況でも抜群の清浄分散性を発揮し、エンジン内に発生した汚れを微粒子に分散して油中に取り込み、金属への再付着を防いでくれます。

・bp公式HP

 

シェル(SHELL)

<引用元>http://www.showa-shell.co.jp/carlife/products/helix/oillineup.html

シェルといえばやはりフェラーリ。

シェルヒリックス「ウルトラ」はフェラーリの純正オイルとして採用されている。そのネームバリューはあまりにも大きい。

シェルオイル(シェルヒリックス)は天然ガスを原料としたエンジンオイルであり、シェルのオイルシリーズである
「ウルトラ」「HX70W-20」、「HX75 5W-30」、「HX8 0W-16」のベースオイルには、

天然ガスを使用したシェルが独自の化学合成油 Shell XHVIが使用されています。一般的な鉱物油ベースオイルと比較するとエンジンの保護と省燃費性が優れています。

そんなシェルヒリックス「ウルトラ」の評価はとても高く、価格以上のエンジンオイルである。として名高い。勿論フェラーリ以外の車にも問題なく使用できる。

むしろ一般ユースな使い方だと宝の持ち腐れ、オーバースペック、という声まで聞こえる。それほどまでにオイル自体の素性がよく、愛好家からは重宝されている。

残念なのはヒリックス「ウルトラ」を手に入れるにはシェルスタンドに出向くか、インターネットで手に入れるしかない、ということ。

・シェルHP

 

エネオス(ENEOS)

<引用元>http://doisekiyu.co.jp/ss/oil/

シェルと同じガソリンスタンド系であるエネオスのオイルも評判がすこぶるいい。それがエネオス「サスティナ」

その特徴は添加剤の硫黄分を70%低減。従来のオイルと比べて独自の特許技術により、硫黄による添加剤の劣化を防ぎ、エンジン清浄性能の持続力が大幅に向上。

エンジンの清浄能力は他のオイルと比べると2倍程もあるとのこと。

従来のオイル添加剤は水や熱、酸化によって分解されて最終的に酸性物質である硫酸が発生しますが、サスティナに含まれる新規添加剤ZP(ジンクピー)は硫黄を含有しないので硫酸を発生させず、オイルの性能が長持ちします。

車のエンジンをキレイに保ち、燃費も向上。添加剤が劣化しにくい為に結果としてオイルの寿命が延び、オイル交換サイクルも少なくできて経済的。

・エネオスHP

 

レッドライン(RED LINE)

レッドラインオイル

<引用元>https://minkara.carview.co.jp/userid/462308/car/527803/1122630/note.aspx

米国産のオイルとしての代表格と言えば、レッドラインは外せない。

客先から求められた性能はジェットエンジンに使用するオイルとして、超高温下でも使用可能なオイルが必要でした。

その条件をクリアする為に、レッドラインはコンプレックスエステルとポリオールエステルをベースに採用し、油膜性能、高温耐久性と低フリクションを同時に実現した超高性能オイルとして誕生しました。

100%化学合成オイルが一般的ではなかった当時、レッドラインは自動車やバイク、船舶用エンジンなど様々なエンジンへの高性能オイルの供給を目的に100%化学合成オイルの開発を行いました。

その結果、従来のオイルとは一線を画す圧倒的な性能を発揮。モータースポーツの世界を中心に実績を重ねて超高性能オイルとしての地位を確立。

日本では当初、そのあり得ない程の性能からライバルに確実なアドバンテージをもたらす秘密兵器として一部のレーシングチームで限定的に使用。

当時はレース関係者やごく一部のカーマニアの間でのみに知られていました。

「レッドラインでないと勝てない」とする逸話が残っている程、最高なオイルだったそうです。

・レッドラインHP

 

バーダル(BARDAHL)

<引用元>http://www.sa-kawasaki.com/minix/diary/infdata/667.jpg

1930年代に創業、約70年以上の歴史を持つメーカー。

世界で唯一の潤滑被膜システム、ポーラーアトラクション被膜を開発したアメリカのオイルメーカーです。同時にそれが最大の特徴でもあります。

自動車用各種添加剤、工業用潤滑剤、船舶建設機械潤滑剤等の分野で幅広く活用されています。驚愕のオイル無しでの車両走行に成功させました。(ノーオイルランテスト)

その成功させた秘密が上述したポーラーアトラクション被膜によるものです。

ポーラーアトラクション被膜は金属表面の凸凹部に入り込み吸着し、より効果的な潤滑作用を可能としました。

しかもオイルがオイルパンに全て落ち切っても、ポーラーアトラクション被膜は残り続け、ドライスタートをも保護してくれます。

また、バーダル製品はエンジンオイル添加剤でも高い評価を得ており、各種用途に応じてラインナップも豊富に揃えています。

<筆者の感想>

リンカーン・タウンカーに乗っていた頃に入れていました。

スーパーオートバックスに常備されてあったので、やっぱりアメ車にはアメリカのオイルでしょ。という偏見の元、1年位は使っていたでしょうか。

しかし、これといって何か印象的なオイルだったわけでもなく、ちょっとお高いエンジンオイル。程度の認識しかありません。

タウンカーって意外とエンジン回すんです。車重の割に馬力とトルクがないので坂道や高速の合流などでベタ踏みする場面がよくありました。

そこでエンジンオイルの銘柄による性能の違い、がよくわかったのですがバーダルはそれ程静かでもなく、かといってトルクフルでもなく….といった感じで。

ポーラーアトラクション被膜がドライスタート保護に役立っている。

という観点でのみ見ていけば確実にエンジンの保護になるのは明白ですが、長く使ってみないと実感はわかないと思います。

それこそ新車時からずっと使い続けるとか。そこでエンジンバラしてみてやっと実感するのでしょう。

否定するワケではありませんが、バーダルを入れるなら今の私ならモービル0W40入れますね。

・バーダルHP

 

ロイヤルパープル(ROYAL PURPLE)

ロイヤルパープル

ロイヤルパープルオイルはアメリカ・テキサス州にあるロイヤルパープル社が製造する100%化学合成オイルです。

高品質合成油PAOと独自に開発した添加剤である「シナーレック」を配合する事で強い油膜、フリクションの低減、クリーンな燃焼が可能となり、

その結果レスポンスのUPや馬力UP、排気ガス中の有害物質の削減を実現。

添加剤シナーレックの働きは、荒れた金属表面を削り平滑にすることで十分な油膜をエンジン内に保持することのできる独特なもの。

ロイヤルパープルを繰り返し使用することでエンジン内部は摩擦や高負荷にも対応でき、強固な油膜が再形成されて金属表面の平滑化と強い洗浄性能を体感する事ができます。

<筆者の感想>

ロイヤルパープルオイルは日本ではあまり聞かないオイルですが、アメリカではごく一般的なオイルらしいです。

特徴であるシナーレックがこのオイルの最大の売りで、使えば使う程にどんどんエンジンがシルキーに変化していきます。

私は3年程このオイルを軽に使用し続けました。(スズキ/kei・スバル/R2)

これほど興味のひくオイルは他にありませんでした。今は取り扱い店舗の少なさから入手しやすい他のオイルへと変更しています。

最初は汚れ、他銘柄オイルの排出というフラッシング的な意味合いで使用し、5,000kmで排出。次から10,000kmでの交換で構わない。

とするロングライフ設計は経済的で、最初のオイル交換をした直後のフィーリングが長続きします。

シナーレック効果で使い込むたびにどんどんエンジンが静かになり、踏み込んでもガサツな音を出しづらくなる。そんなエンジンに変化します。

結構回しているのにこんなに静かなの?と思った程です。

ロイヤルパープルオイルのパッケージに表記されてあるオイル粘度は一般的なオイル粘度指数よりも柔らかいとされていて、

例えば5w30であれば5w20程だと思った方が良い、以前詳しい方に教えていただきました。触ると実際サラサラしており、納得できます。

以前私が書いた記事でロイヤルパープルを紹介していますので、そちらも参考にしてみて下さい。

なめらかなフィーリングが特徴~ロイヤルパープルオイル

入手するにはネットの力に頼るしかありません。正規代理店の物は高すぎるので並行輸入品をお勧めします。

※とある音響関係の販売店のHPでロイヤルパープルが紹介・販売されており、そこで購入するのが手っ取り早いです。しかしそこのHPに紹介されてあることはちょっと大げさ、ともとれる表現も少なからずありますので、あまり鵜呑みにしない方がよいかと思います。

ロイヤルパープル代理店HP

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

筆者へのご連絡はこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください