トヨタ・ミライの補助金がスゴイことに!113万で乗れる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

数年前に鳴り物入りでデビューを飾ったトヨタの水素自動車「ミライ」

燃料は水素ということでインフラ整備が整うまでは売れないだろう。と思っていた。

そして現状は正にその通りで公道行動を走っていたミライを見たのは2~3回しかない。

車両価格は723万6,000円という高価格でクラウンも真っ青な価格帯だけどこれにはからくりがあった。

ミライには購入時に様々な補助金が受けられるのだけど、その補助金が現在とんでもないことになっており、トヨタが4年後の買い取り価格の半額を保証する。と言い出したからさあ大変。

実は「買い」なのか。トヨタのミライ。

スポンサードリンク

補助金の額が凄い

4年リースで半額

今年の春、トヨタが突然ミライの4年後の買い取り価格の半額を保証しますよ。と言いだした。

このことはトヨタの営業マンでもあまり知られていないようで、4年後のミライの中古車相場がどんなに下がっていようが新車価格の半額、約362万を保証します。という出血大サービスを行っている。

適用には4年リースという縛りがあり、4年で48,000kmという限度はあるものの明らかに度が過ぎる。

この48,000kmを越えると1km辺り5円の追い金が発生するものの、超絶凄い残価保証には変わりありません。

1万km越えてもたったの5,000円。2万kmでも10,000円にしかなりません。

しかもある程度の傷も問題ないという。前後バンパーを破損して修復、した程度までなら全然問題ないらしい。

これはインフラの整っている地域、とりわけ都内では通勤に使ってしまう人もいるんじゃなかろうか。

東京都内では更にお得で自動車税と自動車取得税が免除になるというのだから鬼に金棒状態。特に自動車税はミライを買ってから5年間の間は全額免除。そこまでやるか。といった感じ。

スポンサードリンク

 

補助金フル活用で113万円に

今年度の国から補助される額は202万円ということらしいです。そして水素ステーションのある地域は更に101万円がプラスされて303万円に。

新車価格の723万6,000円から4年後の半額残価保証で3、618,000円

この価格から303万円を引くと58,8000円。これが車体価格。

プラス諸費用分が大体約55万程度ということなのでおよそ113万円でミライが買える。

月割りにすると大体24、000円程で乗れてしまう計算になるということで、今水面下で密かに話題になっています。

ただこの補助金の額は自治体によって大きく異なることもあるので、購入を検討される方は確認が必要になります。

更に更にディーラーによっては値引き対応もしてくれるという話もあり、うまくいけば車体価格が50万を切りそうな勢いもあります。

 

凄い話ですね….。補助金には限りがあるので検討されている方は早めに申し出た方が吉です。

これでミライが流行るかどうかはやはりインフラ整備が整うまでは厳しいでしょうけど、確実に台数は増えると思います。だって安すぎます。私もちょっと通勤にいいかな、なんて思いがよぎりました。

なんでこんなおいしい話を周知しないのかというと、あまり大っぴらになってしまうと生産が追い付かなくなってしまうから、というむず痒い理由があるらしいですね。

なので現場の営業マンも知ってる人は少ないんだとか。

私もちょっとミライのカタログ見てきます….。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

筆者へのご連絡はこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

コメントを残す

*