車をキレイにしたい

コーティングの上からワックスを塗ってもいいのか?

タウンカールーフ

たまに耳にするのが「コーティングの上からワックスを塗ってもいいものかどうか?」という疑問。

私的な結論から言ってしまうと個人的にはアリなんじゃないかと思います。

ですが一般的な意見としては、そんな行為は意味がない。とする声が多いようです。

では何故アリだと思うのか?個人的な見解を述べていきます。

続きを読む

樹脂パーツの劣化による白ボケに、1番の対策方法です

黒樹脂復活

車には外観に未塗装の黒い樹脂パーツが採用されている車があります。

主なところでは商用車であるバンや、クロカン・SUVなどによく使われています。商用車ではバンパー丸ごと未塗装、なんてのもよく見かけますね。

使われる理由としてはコストの削減やキズの防止などが挙げられます。塗装されていないのでキズがつく心配があまりなく、ラフな使い方ができます。

ですが未塗装ゆえの弱点もあるのです。

それが劣化による白ボケ。最初は黒っぽかったバンパーも年数が経つにつれてだんだん白っぽくなってしまいます。

これの最善の解決方法を今日は記載します。

続きを読む

ガラスコーティング、実は欠陥品?汚れないというのはウソ

リボルトプロ撥水1

タイトルの通りです。ガラスコーティングは欠陥品なのです。いや、欠陥品というよりも未完成品。と言った方が近い表現かもしれません。

なぜそう思うのか?

私も今まで数多くのコーティングやワックスを試してきました。そういった方々はたくさんいらっしゃることでしょう。

これまで数々のコーティング剤を試した結果、正直言って市販品レベルではどれも大差ないのではないかと、最近そう思うのです。

今回の記事は私個人の考えを記載します。本当のところは間違っているかもしれませんが、あくまでも個人の考えとして捉えていただきお読みくださればと思います。

続きを読む

水なし洗車は愛車を傷だらけにして逆効果かも

オートバックスなどの洗車用品コーナーを見てみると、ここ最近のはやりなのか「水を使わずに洗車ができます。」

という謳い文句の洗車グッズをよく見かけるようになった。

どういうことかと思って調べてみると、単純に言葉通りの意味で水を使わないで洗車をする。あるいは少量の水で洗車をする。

というもの。

ここでちょっと言いたい。

洗車をするときは絶対に水を使って行うように。と。

ここでは水なし洗車のメリット・デメリット、個人的な見解を述べていきます。

続きを読む

イオンデポジットやウォータースポットのできる原因が判明

リボルトプロ撥水2

興味深い記事を見つけましたのでここで紹介します。

洗車がお好きな方にとって、雨が降った後は早く車を洗いたくて仕方がない方もいるはず。何故なら大事な愛車が水シミだらけになってしまうから。私もそんな人間です。

雨が降る→乾く→水ジミができる

と一般的には広く思われているはずですが、実は雨水というのは水シミができにくいのでは?とする記事を見つけました。

続きを読む

車を洗うのが趣味な人間の手洗い洗車方法~洗車の手順

洗車すすぎ完了

車を洗う方法ってご存知でしょうか?

私が車にハマったとき、幸いにも当時働いている職場がガソリンスタンドだったので会社の洗車作業マニュアルがありました。

なので洗車方法やセオリーなどについてはある程度知っているつもりです。

意外と?車を洗う方法って知られていないのではないでしょうか?

働いていたガソリンスタンドの洗車方法をベースに、長年かけて少しづつ独自に自分の洗車スタイルというものを確立しました。

この方法が正解なのか間違っているのか?それはわかりませんが、洗車の仕方がわからない、という方には参考になるかと思っています。

ここではそんな洗車作業について記載していきます。

続きを読む

オススメのカーシャンプーとザイモール・カーシャンプー紹介

ザイモール洗車1

ブログ更新が滞り気味で申し訳ありません。仕事が多忙を極めていてPCに向かう時間もなく、なかなか更新作業を行うことができていません。

今日は私がよく使っている洗車時のカーシャンプーと、ザイモールのカーシャンプーを紹介したいと思います。

入手性とコスパに特に優れているシャンプーです。

他、ワックスの王様と言われているザイモールのカーシャンプーについて、合わせてレビューしていきます。

続きを読む

ワックス寄りの光沢~TTクリアーコーティングの感想

DTS TT完成

塗装面のリフレッシュと兼ねてからの興味で「TTクリアーコーティング」を施行しました。

同時に施行店のメニューであるヘッドライトリペアも施行。要するにヘッドライトコーティング。専門店での作業であるので、その仕上がりは量販店作業(オートバックス等)にはないもの。持続期間もリサーチでは2年程度もつ車両もあるとのこと。

コーティングには様々な種類があり、ユーザーを困惑させます。TTクリアーコーティングを検討している方もいると思うので、実際施行してみてどうだったのか?を中心に記載していきます。

続きを読む