洗車好きのために~純水洗車の効果と方法

マーフィードフィルター自動車関連
スポンサーリンク

週末の天気が悪くならなければ大体週1で洗車しています。

洗車しすぎ。とそんな意見も周りで上がりますが、完全に洗車が趣味なので洗わなければ気持ちが悪い、という領域にまで達しています。旅行の前日、車が汚ければ真冬の夜中であろうと洗います。

そんな普通の人とは違う感覚を持っている私なのですが、洗車に関して最近気になる事柄がありました。

純水で洗車する。というヤツです。

その効果と導入までが今回の記事内容です。

純粋で洗車する

純水洗車とは何か?

純水とは、「不純物が少なく純度の高い水」のことを指します。主に塩類や有機物などがほとんどすべて除去された状態を指し、不純物を取り除く方法により、脱塩水(イオン交換樹脂などにより塩類を除去した水)、RO水(逆浸透膜を通した水)、蒸留水(水蒸気を冷やして液体にした水)などと呼ばれます。

https://www.car-beauty-trust.com/rowater

一般的に車を洗う、というと自宅駐車場や洗車場で洗うというのが相場かと思います。

普通洗車というのは自宅であれば水道の蛇口に散水ホースを繋げたり、バケツに水を汲んだりして洗うことになるかと思いますが、この洗車に使う水にこだわってみよう。

という理念のもと、考え出された方法が純水洗車です。

水道水は洗車の際に乾くとシミになるカルキやミネラルを含んでいます。

それらをなんらかの方法、主に浄水器を使用して除去し、純水、または純水に近い水道水を使用することを前提とした洗車方法のことを広義的に「純水洗車」と呼んでいるそうです。

あまり知られてはいませんが、既に洗車専門店やコーティング専門店等では導入している店舗があります。

私はお会いしたことがありませんが、薬局で売っている精製水を大量に購入して洗車するときに使用する方もいらっしゃるとか。

精製水は混じりっ気のない、まさしく純水なので精密部品の洗浄なんかにも使用されています。

純水洗車の効果と狙い

純水洗車の1番の目的は水シミの付着を防ぐことにあります。

ボディに水をかけて乾くと白っぽくシミになるアレです。

何故あのように白く残るのか?と言うと、上述したように水道水には殺菌作用を目的としたカルキと微量のミネラルが含まれているからです。

このシミを付着しにくくすることが純水洗車を導入している人の大半の理由です。(おそらく)

不純物のない「純水」であればボディに付着して蒸発しても白くシミになったり、跡になったりしないのです。

薬局で売っている精製水は純水ですので蒸発しても跡になりません。以前ヘッドライトの内部洗浄で使用したことがありますので経験があります。

ヘッドライト内を精製水でジャブジャブに浸して水洗い、その後は自然乾燥させても水滴の後が残らない。これには感動すら覚えました。

もし完全なる純水で洗車することができれば、理論上は水ですすぎ洗い流した後は放置でOKなのです。

吹き上げは不要になります。乾いても跡にならないので。

こう聞くと凄いことだと思いませんか?吹き上げの時間がなくなるだけでかなり洗車が楽になります。

実際はボディに残った残留物や水道水にわずかに含まれる不純物など、そんなことにはならないみたいですが。

それでもボディが乾いた後のシミになるリスクが減る、ということは通常の水道水を使うよりもメリットになりえます。

コレに最も悩まされるのが特に夏場の気温の高い時期、水をかけて少しでも放っておくとすぐにシミになってしまってなかなか取れずに苦労する….1度は経験があることかと思います。

このような状況にならないために、夏場は気温の高くなる日中をさけて早朝や日が落ち始めた頃に洗車する等の工夫を余儀なくされるのです。

屋根付き洗車場や、自宅の駐車スペースには屋根がある家で洗える等の恵まれた環境であればこのような苦労はせずともいいのですが、多くの方は青空の下で洗車しているでしょう。

水シミの発生を少しでも抑制することができれば愛車も長くキレイに保てることができるし、洗車に対する労力や時間の軽減が見込めます。

純水洗車の導入方法

観賞魚飼育用のフィルターを利用

では実際に純水洗車を行うための方法を記載します。

要は一般家庭に普及している水道水を浄水して純水状態にすればいいわけで、方法はたくさんあります。

水道水を浄水するにあたってかかるコストは、簡易的な家庭用の安いものだと数千円~高いものだと何十万とかかるような機器もあるようです。

後者は完全に業者向けで一般家庭では導入しているところはかなり少ないでしょう。

洗車にこだわっている店舗なんかはコストをかけ、本格的な浄水システムを組んで洗車をおこなっているところもあるようです。

高コストの浄水器であれば、水道水をより純水状態に近づけるとができるようですが、趣味で行う洗車の為にそんな何十万もかけて導入するのはかなりのこだわりがあるような方でもない限り、ためらってしまうでしょう。

ですので数千円~いっても数万程度で予算は抑えたい。こういった思惑は前提としてありました。

ではどうするか?

色々と調べたところ、最も安く簡易的に、かつ手軽に浄水を試せそうなものは浄水機能付きシャワーヘッドを使う、というものです。

洗車用ではなく、お風呂で使用するシャワーです。

あのシャワーに浄水機能がビルトインされたシャワーヘッドを使用すれば、お手軽に塩素を除去できて値段のわりには効果的、というブログが散見されました。

この手のシャワーヘッドは昔からありますが、今はかなり普及しているようで安くて3~4千円程で購入することがでます。

洗車用[カルキ除去水]の入手 【その1】 - もうひとつのBMW E46///M3-non☆:楽天ブログ
​  洗車時の[カルキ除去水]の入手だ  洗車後、うろこのように水滴の乾いたヤツが残りお困りの人いませんか?  実家の井戸水で洗車の時は気が付かなかったのですが、一戸建てになり水道水  

探してみるとやはり試されている先人の方がいらっしゃいました。

この方法は安くて良いのですがシャワーヘッドによっては水量が少なくなる、というデメリットもあるようです。

ある程度の水量がなければ洗車を満足に行うことができないので、この辺は購入して試してみるしかありません。

私の場合もう少し予算を出してもいいかな?と思っていたので、このシャワーヘッド方式の純水洗車はとりあえず保留。

次に目をつけたのが観賞魚を飼育する為の浄水器を使う方法で、マーフィードと呼ばれる簡易浄水器を使用する方法です。

家庭・オフィス・店舗用浄水器 | 株式会社マーフィード

これはカートリッジ式の浄水器で、2つの浄水フィルターを備えたタンクを水道水の蛇口にかませ、洗車に使用するというもの。

導入コストは1万円前後。

魚を鑑賞する趣味はありませんので詳細はわかりませんが、このカートリッジ方式は広く普及しているようでフィルターの数が多いタイプや通常よりも長いタイプ(フィルター容量が大きい)など、バリエーションに富んでいる印象です。

1万円。これを高いか安いかと見るのは判断がわかれるところではありますが、個人的になんとかギリギリ許容できるかな?と。

導入するのであれば、株式会社マーフィードから発売されているワンパッケージの「スタンダードクラシックorネオ」を購入すれば、別途フィルターの用意をすることなく、あれこれ余計なことも考えずに済むのでいいのではないかと。

もっと予算を抑えたいと思うならば、モノタロウなどのネット通販でケースやフィルターを単品購入して使用すれば1万もいかないでしょう。

その場合、ケースのデザインや取付方法などがマーフィードの物とは異なってきますが仕組みは同じなので問題はないでしょう。

洗車専門店から発売されている物も

イオンデポジット/ウォータースポット/水垢軽減に。「洗車用軟水器」| ニューエントリー | 軟水洗車・軟水器・散水ホースワンタッチ取り付けタイプ
イオンデポジット・ウォータースポット・水アカ・水ジミ軽減に。「洗車用軟水器」ニューエントリー軟水洗車・軟水器 ワンタッチ取付、高いコストパフォーマンス。低ランニングコスト。 軟水洗車・水道水ミネラル除去・カルキ染み・水垢軽減に。 洗車での水アカにお困りではありませんか? 一生懸命洗車しているのに、拭き取ったら白い輪っか...

中には洗車専門店から発売されているカートリッジ式の浄水器もあります。

上記の店舗から発売されている浄水器が¥25,800円。

他にも探せばあるのですが、私が調べた中では専門店から発売されている洗車用浄水器という点では格段に安く、効果も望めそうです。

見た感じマーフィード製と外見が似ており、フィルターだけの違いなのではないかと思われますが問い合わせたわけでもないので憶測でしかありません。

イオン交換樹脂フィルターを使用している点がマーフィード製とは大きく異なるようです。

この値段が抵抗にならない方はここで購入するのが最も安価で専門店発売ということで信頼でき、手っ取り早い気がします。

実際に使用している方のブログも見つかりますので、気になった方は調べてみてください。

純水洗車を行うためにマーフィードを設置する

マーフィードフィルター
マーフィード製フィルター
マーフィード接続図
洗車用リールに繋げた図
マーフィード使用時水量
マーフィードを接続しても水量は変わらなかった

純水洗車を導入する為の下調べを入念に行って、どの方法にするか考えた結果、マーフィード製のフィルターを導入することにしました。

理由として観賞魚飼育に昔から使用されている信頼と実績のある方法ということ。

もう1つはラッキーなことに、このマーフィードのケースだけが何故か会社内に転がっていたこと。

相当に使い込まれていて旧型タイプ?と思われます。

所有者がもういらないと言うので譲ってもらい、フィルターだけ自分で購入して約4千円前後の出費で目的の環境をそろえることができました。感謝します。

旧型の情報はネットに転がっていなかったので現行販売されているフィルターがきちんと取り付けられるかわかりませんでしたけど、やってみたらバッチリ合いました。一安心。

このフィルターは物理的に異物除去をする為に糸を何重にも巻いた糸フィルターと、水質改善の為のカーボンフィルターの2つで成り立っています。

水の通る順番も決まっていて糸フィルターで大まかに異物を除去してからカーボンフィルターでカルキを取り去る、というのが本来の仕組みのようです。

後日、糸フィルターだけは取り外してイオン交換樹脂フィルターへと変えたのですが、それは後述します。

そんなこんなで目的のマーフィード製のフィルターを手に入れることができ、洗車用のリールへと接続します。

ホームセンターへ赴いて追加のホース1本と締め付けバンド2個購入し、洗車用リールを水道蛇口から取り外し、マーフィードのフィルターを繋げます。

そしてマーフィードフィルターから洗車用リールへ繋げて出来上がり。

後から聞いた話なのですが、マーフィードのケースは意外と割れやすいようで転倒させたりしてしまうとすぐにヒビが入ったりして水漏れするとか。

転倒だけは気を配るようにして、自宅敷地内の隅の方に鎮座させることとしました。余裕があればビス止め等固定します。

水がユニット内に充填されればそれなりに重量があるので、そう簡単に転倒などしそうにもありませんが。

あと蛇口の開放しっぱなしは良くないようです。

長時間水道蛇口全開の最大水圧だと、なんとなく雰囲気的にバンド止めの部分が水圧に耐えられないような気がします。

まあしっかりカプラーを使って止めるのが望ましいのですが、適合するカプラーを探すのが面倒で….。

もう1つ心配していたことがあります。水量のことです。

このフィルターを通して洗車するとき、今まで通りの水圧を維持できるか?そこも心配でした。

チョロチョロとしか出ないのでは洗車使用には不向きです。

マーフィードHPには「流量7L/分以下」と記載されてはいるものの、全くイメージできずピンときません。

しかし、それは余計な心配でした。水圧は維持され今まで通りにちゃんと使えます。

あとは実際に使用してみてどうなるか?期待と不安が高まります。

純水洗車を導入した結果

マーフィードオリジナルフィルターでは弱い?

マーフィード使用テスト1
わざと水をかけて乾燥させてみる
マーフィード使用テスト2
白っぽく残ってしまった
マーフィード使用テスト3
テールにも水シミが残ってしまった

純水洗車を導入した結果、結論から言うと残念なことに白っぽく残ってしまった。

真夏の晴れた日にわざと水をかけて乾燥を待った結果が上記の画像です。

水道水だけの状態よりは少しはマシなのかな?といった程度で、乾いて白くなったところはなかなか落ちない。

自分の期待していた通りとはいかなかったですね。

浄水器の値段がピンキリな理由がこれなのかなと。

そもそも数千円の安価な浄水器でカルキが完璧に除去できるのであれば、何十万もする高額な浄水器は世の中に必要ないわけで。

フィルターの浄化能力を超えた流量でシャワーの水を出し続けているからなのか?

そもそも洗車には適していないのか?

そういえばみんカラにはマーフィードを使ってもそんなに良い効果は得られなかった、とする感想を見かけたことを思い出しました。

このまま諦めるのは勿体ない、何かいい方法はないものか….探っているうちに「イオン交換樹脂」なるものの存在を知りました。

イオン交換樹脂フィルターを使ってみる

イオン交換樹脂フィルター
単品購入したイオン交換樹脂フィルター
イオン交換樹脂フィルター中身
中身は小さな粒々がぎっしり詰まっている

マーフィード製フィルターは鉄サビ、微粒子、ゴミ、細菌等、5ミクロン以上の不純物を物理的に除去する糸フィルター(コットンフィルター)と、残留塩素や微粒子を吸着除去するカーボンフィルターの2つで構成されています。

同会社の同じマーフィード製品を見ると、マーフィード製フィルターにも上位グレードの製品があったり、洗車用に特化した浄水器を販売しているところを見ると、このフィルター構成では満足な結果が得られないのかなと考えました。

他の純水浄水器を見てみるとイオン交換樹脂フィルターというのを採用しているところが多く、もしかしてこのフィルターを使うのがポイントなのかなと思いました。

このイオン交換樹脂フィルターとはなんなのか?

調べてみると完全に理解するには専門的知識を要するようで、全く知識のない私には全てを理解するのには時間がかかりそうなのでここでの説明は割愛させてもらいますが、

このフィルターを使うことで水道水内のカルシウム、ナトリウム、塩化物を置換除去できるとのこと。

化学変化で水質を変化させる原理のようです。

純水の製造では水中のカルシウム、ナトリウム、塩化物などの塩類成分を取り除く必要があります。これらの成分は、水中に溶けてプラスやマイナスに帯電しています。この帯電した物質をイオンとよび、カルシウムイオン(Ca2+)、ナトリウムイオン(Na+)、塩化物イオン(Cl)などといいます。これら水中のイオンを取り除くときに利用されるのが、自らが持つイオンを水中に出して、代わりに水中に存在する他のイオンと交換する性質を持ったイオン交換体です。多孔性の合成樹脂でつくったイオン交換体をイオン交換樹脂といいます。

https://kcr.kurita.co.jp/wtschool/004.html

詳しい原理は置いといて、このイオン交換樹脂フィルターを使えばこれまでの「フィルターで濾過して物理的に異物を除去」という方法に加えて「化学変化を用いて水質変化させる」

という方法もプラスされるので純水により近づくのではないかと考えています。

私の職場でもこのイオン交換樹脂カートリッジを使用し、純水にしてから作業機器の冷却を行っているので信頼できます。

純水洗車再挑戦の結果

コットンフィルターとカーボンフィルターの組み合わせ
コットンフィルターを取り外し、イオン交換樹脂フィルターを装填
試しの散水テスト
水シミはかなりわかりにくくなった
フィットGP1のケース
水道水の跡は御覧の通りバッチリ残る
純水の場合
シミはかなり目立たなくなったのを確認

この方法が功を奏しました。

以前のコットンフィルター+カーボンフィルターより、確実に効果はあります。

画像ではうまく写せなかったのが悔しいのですが、水道水と純水を比較すると明確に違いがわかります。

全くシミにはならない、とはいかないまでもシミはかなり目立たなくなりました。

シミになったときの白っぽさは全然ありません。よく見ればついているかな?といった具合。

それと気になった点として、少々独特のニオイがします。

イヤなニオイというワケではないのですが、なんとも形容しがたい人工的なニオイがシャワーを使用中は鼻につきます。

純水で洗車すると水分中に界面活性剤の成分を多く取りこめていつもより車がキレイに洗える、というような意見もちらほら見かけましたが、言われてみればそうかもしれない。と、プラシーボの域は出ないのかなと感じました

純水洗車について自分なりのまとめ

今回、純水洗車は確かに効果的なのを確認できました。

私が試した方法よりも費用をかけて、洗車用に特化した純水器の導入などを行えば、業者と同等の環境にすることができそうです。

ただ導入にあたってのコストやフィルターの定期的な交換など、維持するのに労力とお金がかかるのでその点だけは頭に入れておかなければいけません。

私のようにここまでやらずともちょっと試してみたい、という方はまずはシャワーにフィルターがビルトインされているタイプから始めてみてはどうでしょうか?効果の程は保証できませんが….。

それと調べたところ、水道水に含まれているカルキ=塩素濃度というのは多少の地域差があるようで、白っぽく残りやすかったりそうでもなかったり、ということがあるようです。

比較したわけではないので真相はわからないのですが、確かにそういったことはあってもおかしな話ではないのかなと思います。

純水洗車、洗車にこだわりのある方は試してみても損はしないと断言しまして今回の記事を終えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました