SUV用のタイヤって何が違う?乗用車に履いても問題ないか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
デューラー溝

SUVブームは衰えることを知りません。各メーカーから次々に新型SUVがリリースされています。

家が買えるほどの価格、超高級メーカーであるベントレーからもSUVが出ましたからね。今の時代の波は完全にSUVでしょう。

そこで気になったことがSUV用のタイヤ、です。

セダンライクな乗り味とスポーティな走り味が多いSUVですが、専用のSUVタイヤとは何なのか?調べてみました。

スポンサードリンク

SUV用のタイヤについて

特徴

デューラーHP

画像はブリジストンから販売されているSUV用のタイヤ、デューラーHLです。昨今では様々なタイプのSUVがリリースされてきました。

肩肘張らずに乗れる一般的なSUVから高級セダン顔負けのラグジュアリー感を高めたSUV、広さをアピールする車種やオフロード走破性を高めているタイプ、本当に色々あります。

ユーザーによって多種多様な使い方があるSUVに、専用タイヤが続々と発売されてくるのは当然と言えます。

基本的には重量のあるSUVなので走行時のふらつきや片減り、偏摩耗への対策を施して重量あるボディーを支えようとするものが多いです。

この辺りミニバン用のタイヤと通ずるものがあります。

そして乗り心地や静粛性を高めたモデルや、いざという時の緊急時の為にオフロードもこなすタイヤも。

どのタイヤも大型なボディが多いSUVなのでその大きさを想定し、タイヤの剛性強化を図って安定性のある走り、という考えが根本にありますね。

 

SUVタイヤの種類

SUV用のタイヤは以下に記載する4種類のタイプがあります。

スポンサードリンク

A/T(All Terrain):オールテレーン オールラウンドタイプ

オンロードでの走行性能とオフロードでの安全性能を意識したタイプです。車高の高さによるふらつきを抑えた走行安定性とブレーキ性能を重視しながら、乗り心地と静粛性、燃費性能のバランスを考慮した、一般タイヤとオフロードタイヤの中間に位置するタイヤと言えます。

M/T(Mud Terrain):マッドテレーン オフロードタイプ

ショルダー、サイドウォール、トレッド面を強化し、悪路での走行性を高めているのが特徴です。トレッドのパターンがブロック形状になっています。悪路でのグリップ力とトラクション性能を高めたトレッド面のコンパウンドに工夫があります。

H/T(Highway Terrain):ハイウェイテレーン 高速走行に対応したタイプ

車高や重心の高さによる横ぶれやふらつきをなくし、高速安定性やブレーキ性能、静粛性の高さとダンピングの良い乗り心地に特徴があります。プレミアムラグジュアリーカーを中心に開発されたプレミアムコンフォートに近い特性を持っています。

S/T(Sports Teraain):スポーツテレーン スポーツ走行に対応したタイプ

一般タイヤのスポーツタイプとスポーツコンフォートの中間を狙ったタイヤです。グリップ性能と路面からの衝撃を吸収するように、サイドウォールを強化したコンセプトが特徴です。S/Tはもう1つ「Street Terrain」という意味も持っており、こちらは街中でのオンロード走行に対応したタイプです。

SUVタイヤの種類とそれぞれの特徴

SUV用のタイヤは乗用車用のタイヤにはない考え方で面白いですね。

スポーツ用多目的車、とするSUV本来のコンセプトに沿ったタイヤのラインナップを図るには多くの種類のタイヤが必要ということでしょう。

 

乗用車に履いても問題ないか

乗用車に履いても問題はないと言われています。

逆もまたありで、普通車のタイヤをSUVに履かせてもあまり問題はないようです。

極端に言ってしまえば装着するホイールに履くことのできるサイズであれば何でも履かせることができてしまうのですが、

SUV用に特化したタイヤをメーカーがわざわざ研究・開発費をかけて開発したタイヤです。SUV用タイヤはSUVに履かせてこそ本来の性能が発揮できるのは当然です。

ですので本来の使い方でSUVタイヤを使用した方が望ましいでしょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

筆者へのご連絡はこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

コメントを残す

*