カスタマイズ

ワックス寄りの光沢~TTクリアーコーティングの感想

DTS TT完成

塗装面のリフレッシュと兼ねてからの興味で「TTクリアーコーティング」を施行しました。

同時に施行店のメニューであるヘッドライトリペアも施行。要するにヘッドライトコーティング。専門店での作業であるので、その仕上がりは量販店作業(オートバックス等)にはないもの。持続期間もリサーチでは2年程度もつ車両もあるとのこと。

コーティングには様々な種類があり、ユーザーを困惑させます。TTクリアーコーティングを検討している方もいると思うので、実際施行してみてどうだったのか?を中心に記載していきます。

続きを読む

フロント、リアガラスにアルミテープを貼る狙いと効果

Frガラス・アルミテープ

ここではフロントガラス、サイドガラス、リアガラスにアルミテープを貼りつけた時の効果やその狙いについて着目していきます。

ガラスにアルミテープを貼り付けるのはトヨタがこの技術を公表した当初から言われていた箇所で車種を問わずに施行しやすい部分でもあり、まずはガラスから貼る方も多いのでは?

公開当初のフロントガラスの隅に貼る方法とは別な貼り方を参考にしていきます。

続きを読む

トヨタのエアロスタビライジングフィン~仕組みを調べてみた

ハイエースドアミラー

ここ数年で急激に見かけるようになったトヨタ車に装備されてる小さなフィン。みなさんはご存知ですか?

近年のトヨタ車、よくドアミラーやテールランプなどに装備されています。車種によってはアンダーカバーに装着されている例もあるとか。

この小さなフィン、「エアロスタビライジングフィン」というのが正式名称みたいですが、この仕組みと原理を以前から知りたく、興味本位で調べてみました。

実際自車にも取り付けてみてその効果と合わせて記載します。

・ヒントは魚のカジキ!? トヨタ86の「小さくても効果絶大」なアイテムが進化!

続きを読む

アルミテープの効果と形状、除電範囲を詳しく説明

アルミテープ・バンパー1

ここではトヨタが考案したアルミテープによる除電の効果と貼り付け場所をなるべくわかりやすく、説明したいと思います。

トヨタ特許情報を読み解き、部分的に説明していきます。

説明部位はバンパー。他、アルミテープが効力を及ぼす範囲と、どのような箇所に貼れば効果的なのか?が開示されているので合わせて見ていきます。

参考ページ

車両及びその製造方法

続きを読む

車にとってベストなエンジンオイル交換時期の考察

R2オイル交換

エンジンオイルはとても奥が深い。その種類もさることながら交換時期についても様々な意見があり、一体何を基準にすればいいのか?といった感じ。

ここではそのエンジンオイル交換時期について考察してみる。

ちなみに私はエンジンオイルに関しては素人も同然で、深い知識などは持ち合わせておらず、単純に1ユーザーとしての考えなどを書いていくので、その辺りご了承いただいてお読みください。

続きを読む

エステル配合エンジンオイルはオイル漏れとは無関係

最近エンジンオイルについて調べるのが楽しく、色々と勉強しています。

エンジンオイルは実に多種多用で、車に特に興味のない一般ユーザーがオイル交換するとき、一体どれを選べばいいのかわからないのではないかと思います。

自他共に認める車好きな自分でも毎回何にしようかな?と悩みます。結局は1番なじみのある銘柄や今まで使ってきたオイルに落ち着くのですが。

今回はエステルオイルについて少し調べてみました。エンジンオイルの中では最高級なオイルとのことです。

 

続きを読む

なめらかなフィーリングが特徴~ロイヤルパープルオイル

ロイヤルパープル

アメリカ製の自動車、いわゆるアメ車はなにかとネガティブなイメージがつきまとう。しかし車とは逆にアメリカ製のエンジンオイルは日本でも昔から評価が高い銘柄が多く存在する。日本でも評価の高いレッドラインは赤線とも呼ばれ、カー用品店でも多く在庫している程に有名どころ。

ここで紹介する「ロイヤルパープル」もその内の1つ。

レッドライン程にはメジャーではないものの、高性能なオイルであることは間違いない。

以前私も愛用していたこのオイルについて、そのフィーリングなど記載していきます。

 

続きを読む

ピレリ、P1チンチュラート~最高評価で価格以上の乗り味

ピレリP1ラベル

先日轍に乗り上げてパンクさせて以来、スタッドレスタイヤへ履き替えて事なきを得ていた通勤号ソニカ。そろそろサマータイヤの準備をしなければと、タイヤをどうするか悩んでいた。

現在手持ちには3本のサマータイヤと、勢いよく乗り上げてしまったので使えるかどうかわからないアルミが1本。

アルミは中古を1本手配することにして、問題はタイヤ。1本買うか、2本買うか、または大盤振る舞いで4本全て取り替えてしまうか….。

結論から言うと4本全て交換した。理由はもともと装着していたタイヤとソニカとの相性が個人的にアンマッチのような気がしていたのと、1本クギが刺さっていたのがわかったから。

チョイスしたのはピレリP1・チンチュラートだ。

 

続きを読む