フィットハイブリッド~バックランプの交換<GP1>

カスタマイズ

フィットハイブリッドに変えてからもうすぐ2年が経とうとしています。

最初は8,300kmしか走っていない極上状態でしたが、今は25,000kmにさしかかるところ。

まだまだ新しさはあるものの、だんだん汚れやら「ヤレ」感が出てきました。

もっともっと通勤の足として頑張ってもらいたい。

更に汚れてくることでしょうが、手放すその日まで第2の愛車としてかわいがっていきます。

さて、購入したときから気になっていたバックランプの交換を今回は行いました。

かなり明るくなって大満足です。

スポンサーリンク

GP1フィット・ハイブリッド、バックランプの交換

通常の電球は暗い

この車に限ったことではないのですが、バックランプはLEDの方が圧倒的に見やすいです。

純正採用も増えてきて、高級車なんかはLEDが当たり前なんじゃないか?という雰囲気。

この車、バックランプが暗くて見にくい場面が結構あるんです。

通勤で毎日使う車なので快適性は重視したい。

LEDに変えようと思いつつ、今まで交換してこなかったのですがようやく重い腰を上げてみました。

バックランプはT16

アマゾンでポチったLED
バックランプは砲弾型は見やすい

GP1フィットハイブリッドのバックランプはT16。

アマゾンで評価を見つつ、なるべく低価格なものを選びました。

今回はこれに交換します。

交換自体は簡単でした

LH内装パネル外し
内装トリムのフタを開ける
バックランプ配線
画像中央の配線がバックランプ
取り外した純正ライト
取り出したバックランプ
RH側トリム外し
右側はスペースがなく、少々手こずった

内装剥がす位は覚悟していましたがそんなことはなく、ものの10分~15分位で作業は完了しました。

ご丁寧にテールユニットのアクセス用のフタが設けられてて、そこを開けると各バルブのソケットに手が届くようになります。

本来ならテールライトを外してから作業するはずです。

ですがこのままでも交換できると思い、ここでソケットを外して交換することにしました。

難しかったのは右側の作業だけで、その他はなんてことはなかったです。

右側は作業スペースが狭く、手が入りにくいのでソケットをなかなか回せなくて手こずりました。

LED交換でかなり明るく

テールに戻す前に試点灯
LED装着外観
装着外観
LED装着LH側
直視できない明るさに
RH側LED装着
予想よりもかなり明るくなりました
画像よりも実際はもっと明るいです

LEDに交換したことでバックランプがかなり明るくなりました。

直視できない明るさでちょっと迷惑なんじゃないかな?

と思う程明るい。

これまでも乗ってきた車はLEDに交換してきましたが、ここまで明るくなったのは久しぶりですね。

車のテールの構造とかその時代のLEDの性能とか、様々な要因があるんでしょうけど。

交換もこの車は簡単だったので、暗くて困っている人は是非オススメしたいカスタムです。

交換コストもそれほどかからないし、手軽にできるのもいいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました