なめらかなフィーリングが特徴~ロイヤルパープルオイル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ロイヤルパープル
スポンサードリンク

アメリカ製の自動車、いわゆるアメ車はなにかとネガティブなイメージがつきまとう。しかし車とは逆にアメリカ製のエンジンオイルは日本でも昔から評価が高い銘柄が多く存在する。日本でも評価の高いレッドラインは赤線とも呼ばれ、カー用品店でも多く在庫している程に有名どころ。

ここで紹介する「ロイヤルパープル」もその内の1つ。

レッドライン程にはメジャーではないものの、高性能なオイルであることは間違いない。

以前私も愛用していたこのオイルについて、そのフィーリングなど記載していきます。

 

スポンサードリンク

 

アメリカではメジャーなロイヤルパープル

紫色のエンジンオイル

ロイヤルパープル

ロイヤルパープル・フタ

画像が見づらくて申し訳ありません。

このロイヤルパープルというオイルはアメリカ製のオイルで日本ではなじみがうすく、取り扱っているお店も多くありません。

たまにカー用品店でも見かけたりしますが….やはり一般的なオイルではないことは確かです。

画像を見てもわかる通り、普通の色をしていません。パープル、という名前の由来通りオイルの色は紫色です。結局エンジンに入れてしまえば色なんてわからなくなってしまうし、汚れてきてしまうと黒ずんでくるのは同じなので意味がないことかもしれません。

けれどこのメーカーのこだわり、みたいな部分を強く感じるので個人的にはこういった要素は好きです。

 

特徴

このエンジンオイルの最大の特徴は配合されている独自の添加剤、「シナーレック」にあると言えます。

これは何かと言うと、この独自の添加剤シナーレックがエンジン内部の表面を平滑にし、オイルの膜で覆うことのできる技術だそうで他のメーカーでは絶対にマネのできない代物らしいです。

スポンサードリンク

この時、エンジン内部を平滑にしている段階ではロイヤルパープルがもつ洗浄作用によって以前使っていた残オイルや汚れなどを強力取り去ってしまうため、最初に使用するときはオイルライフが短くなることがある。とのこと。それ以降はロングライフで、大体1万km程度は大丈夫らしいです。

もう1つの特徴はオイル粘度が表記よりも少し柔らかい、ということ。

例えば5W-30であれば他社製のオイルだと5W-20程の柔らかさだ、と伺いました。これは私が実際に他のエンジンオイルと比べて確かめたワケではないので実証できない部分ではありますが、みなさんこのように感じるそうです。

 

ロイヤルパープルの使用感

特に私が使っていたのは5W-30。その次に10W-40です。1回0W-20も使いました。ロイヤルパープルHPSを2年程は使用し、使っていた車はスバルR2、リンカーン・タウンカー、キャデラックDTSです。

この中で最もオイル交換時の変化が強かったのはR2でした。

入れ初めはそうではないものの走りこんでいく内にどんどんスルスルと回るようなフィーリングに変化していき、エンジン音が遠くに聞こえるような、そんな感触になります。

踏み込んでもガサツな、荒々しく回るような感触はなくなっていき、次第になめらかなフィーリングになります。しかもこの感触がオイル交換後から長く持続します。この点がこのオイルの面白いところだと思います。

どのような銘柄のエンジンオイルでも交換直後はアクセルワークが良くなったり、いつもより車が前に進むような感触に変化しますが次第にオイルの劣化からその感触も薄れていく….

といったことになりますが、ロイヤルパープルは交換直後の「あの感じ」が長く持続します。

軽自動車にこそいいオイルを。と考えているので、いつも通勤に足に使用し当時乗っていたR2には少々大げさだったかな?と思いつつもロイヤルパープルを入れたわけですが、結果として入れてよかったなあ。と。

燃費もわずかながら向上しました。1リッターもいかないような誤差とも言える範囲でしたが。NAのR2だったのでパワーは不足していましたが、エンジンがシルキーになったことによって快適性が増して乗り心地という意味ではプラスになりましたので。

 

購入するには?

店頭販売では望み薄なのでやはり安定的に手に入れるとなるとネット販売に頼るしかないでしょう。正規販売品はとても高価で購入しづらいので、並行輸入品を手に入れるといいでしょう。正規品の半額で中身は同じです。

ちなみに本国ではこのオイル、1本約9ドル程の価格で売られていてどこにでもあるような普通のオイル、という認識らしいです。ドンキホーテのような量販店でも売られているようなメジャーなオイルとのことです。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

筆者へのご連絡はこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

コメントを残す

*