オークションで買った車(外車)の整備はどこへ出す?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
タウンカーエンジンルーム

国産車にはない魅力が満載の輸入車。誰でも人生に1度は乗ってみたい、と思うのではないでしょうか。しかしその購入の足かせになっている1つに、どこのお店へ修理に出したらいいのか?という問題が出てきます。

国産車であれば、そこかしこ無数に存在する最寄りの各々のディーラーに持っていけば、1から10まで全てお膳立てしてくれます。他店で購入した車であっても診てくれます。

輸入車になるとどうしても国産車より取り扱う店舗が限られてきて、わざわざ遠くのディーラーまで持っていかなくてはならないことも。それが結構面倒感じてしまうこともあります。

しかも他店で購入した車だと、なんとなくいい雰囲気を出さない店舗もあるんです。信じられないことに。

業者オークションで購入した場合は輸入車だと尚更、整備しくれる店舗探しは重要です。車の主治医を探しておかないとあとあと厄介なことになりかねません。

どこへ出すのがベストであるのか?今回はそんな話です。

スポンサードリンク

購入したお店にお願いする

保証が残っていれば1番良い選択肢

1番ベターであるのが購入した店舗に修理をお願いするのがいいでしょう。高年式・低走行などで保証が残っている場合は保証が切れるまでは購入店へ持っていきましょう。例え少々遠方でもガマンです。

業者オークション仕入れで購入した店舗が整備を受け付けない、または不安なケース

店舗の規模が小さく、なんとなく整備に出していいものか不安。ネットで調べてみたらずさんな整備体制で評判がよくない。オークションで買った車だから修理の受け入れ先を知らない。こういったこともよくあります。

特に輸入車は部品代や工賃を割り増しして請求してくる、悪質な店舗が国産車よりも多いイメージ。実際私も何度かそのようなお店に当たったことがあります。

少しでも不安に思ったら購入した店舗ではなく、他の店舗へお願いすることを推奨します。診てくれる店舗はそこだけではありません。

業者オークションや個人売買で手に入れた場合、下記記載の方法かネットで検索して輸入車を受け入れてくれる店舗を探すしか方法がありません。個人経営の店舗などは一応どんな車も診てくれるので、連絡して損はないと思います。

オートバックスなどの量販店を利用する

どんなメーカーの車も受け付けてくれる

意外と狙い目なのがこういった量販店だと思っています。最大のメリットはどんなメーカーの車も診ているので、修理のノウハウを輸入車であれ豊富に持っている。というところです。それと入りやすい雰囲気、というのも重要ですね。

そこの店舗だけではなく、例えばオートバックス同士の広いネットワークを駆使して知識を共有するので、結構頼もしい一面も。

設定工賃は店舗によりさまざま。中にはディーラー同等のクオリティ内容の整備で安かったりするカテゴリもあるので、使い分ければ節約にもなります。

例えば私のキャデラックDTS、フロントバンパー外しがとあるお店では工賃2万円と言われましたが、最寄りのオートバックスでは1万円でした。ディーラー同等価格。

逆に一見さんお断りのようなオーラを出している個人経営店は中々足を踏み入れがたいもの。私もローライダーの方々が頻繁に出入りしているようなアメ車ショップは、やはり最初は入りにくい。

店舗によって評判やスキルにバラつきがある

最大のデメリットは同じオートバックスのような量販店でも店舗によってスキルに違いがあり、その評判も良し悪しがわかれている。という部分。私達車好きにはオートバックスなどの量販店はあまりよく思われていない風潮にありますが、確実に良いオートバックスも少なからず存在します。

スポンサードリンク

ハズレのお店・やる気のない整備スタッフと当たった場合は、もう泣くしかありません。そうならないよう、ユーザー側としては願うしかありません。

ディーラーへ出す

1番信頼性が高い

ベンツであればベンツ。BMWであればBMW。キャデラックはGM。と、餅は餅屋と言うように、やっぱり各メーカーに出した方が信頼性という点では高いです。その道のスペシャリストが揃ってますので、他店で断られたような難しい整備もこなしてくれます。

他と比べて割高な修理料金

ベンツ、BMWなどのディーラーは他店と比べて修理代金が割高になる傾向です。理由として何でもASSY交換で対応しようとするので、交換しなくてもいい部品もまとめて交換するような修理スタンスを取っています。その分部品代と工賃が割高になって驚くような見積書を渡されることも。

しかし予算に余裕があればディーラーをで修理する方法をオススメします。やはりその車のウイークポイントを知っている。精通しているメカニックが数多く在籍している。というのは大きいです。

修理内容によっては量販店などと変わらない価格なこともありますので、とりあえず見積もりだけはとっておくのも。

個人店を使う

ハマれば絶大な効果

個人経営の店舗は本当にピンキリでウデが良かったり、工賃設定が高めだったり、その形態はさまざまです。あなたが今乗っている車を得意としている店舗であれば、穴が開くほど車のことを見てくれて事細かに、入念にチェックしてくれることでしょう。

しかしいい加減なお店も中にはあるもので、直していないのに直した。とか修理にやたらと時間がかかって車が返ってこなかったり、当たりはずれのふり幅度合は量販店よりも大きいですね。経験上。

ネットで評判を調べる

今はインターネット全盛時代で小さな個人店でもHPがあります。HPのブログを見て雰囲気をチェックしたり、某巨大掲示板でお店の評判が転がっていたり、店舗名で検索すれば評判などが出てきたりする場合もありますので、そういったところから情報を得てから整備依頼をかける。私はたまにそうしています。

こうして調べたお店が自分の知識となって活きてくることも。ここのお店はATF交換に詳しかったなあ。とか、コーティングに力を入れているから機会があれば頼んでみよう。とか。

予算に余裕があればディーラー。安くあげたければ個人店。

信頼度で言えばディーラーが1番。右に出る者はいません。輸入車であったとしても全ての整備をディーラーで行っていたらノントラブルでいつまでも快適に乗れることでしょう。

できるだけ安く、ということであれば個人店がいいでしょう。交渉次第では工賃を割り引いてくれるかも?しれません。中古パーツを使って安く修理することもできます。良い個人店は臨機応変に対応してくれるので、こちらの要望も最大限聞き入れてくれます。

ただその店舗のスキルの有無に関しては保証はないので、そこはある意味賭けになってきます。

ちなみにフォード車の故障や修理に関しては私の方でも相談に乗れます。付き合いのある元近鉄モータースの方をご紹介という形になりますが、それでもよろしければご連絡下さい。

少々のことであれば私でも、リンカーン、キャデラックのことに関してお答えできる範囲でご相談に乗りますのでお気軽に。

不安を払拭して楽しい輸入車ライフを送りましょう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

筆者へのご連絡はこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください