遅延0.05レグザ43J10をゲームモニタとして1年使ってみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
43J10画面

今まではゲーム用のテレビとしてレグザ22RE1をずっと使ってきました。ですが去年、近所のヤマダ電機で43J10がかなり安く売られており、迷いに迷った結果、購入しました。

まだ22RE1も普通に使用できたために、少しもったいなったかな?と思いつつもボーナス商戦の勢いに負けて買ってしまったのですが、今日はレグザ43J10の使用感について、触れていこうと思います。

 

スポンサードリンク

 

プレミアム2Kテレビ 43J10

スムーズダイレクトモーションで残像感を低減

液晶パネルは、55/49/43型のいずれもIPSで、1,920×1,080ドットのフルHD。東芝が「全面直下型LED」と呼ぶ直下型配置のLEDと、広色域パネルの採用により、高輝度や広色域化を実現し、光の輝きや立体感の表現を向上している。ただし、Z8シリーズとは異なり、LEDのローカルディミング(エリア駆動)には対応していない。液晶パネルは倍速表示非対応だが、残像低減技術「スムーズダイレクトモーション120」により、残像感の低減を図っている。

映像エンジンも一新され「NewレグザエンジンCEVO」を搭載。放送の色域に圧縮された映像をパネルの最大色域まで拡大し、微妙な色の違いなどを正確に再現。超解像技術により、テクスチャー部のディテールや文字周りの表現など、特に地デジ放送の画質を改善する「マスターリファイン」も新搭載した。

今までが22インチのテレビをずっと使っていたのがいきなり43インチのテレビになり、その迫力は圧巻のものに。興奮もそのままにゲームを始めると、大迫力のゲーム画面が現れる。

あまりにも大きすぎて最初1週間程は目が疲れてしまってプレイができなかった。やはりゲーム専用にするには大きすぎたか….。失敗したかな?

当初はそう思わざるを得なかったけど、少しづつ慣れてきて今では以前のテレビと遜色なくプレイできています。ただ個人的な感想ではあるけど、やや動きになめらか感がかけるかなあ?といった印象も。

 

全面直下LEDで2Kにしてはキレイ

この値段で43インチでここまでキレイであれば画質には不満はないだろうと思う。ネットの評価には映り込みがひどい、とのコメントも見られるけど私は気にならない。

私が購入したときは89,800円で店頭販売されており、そこから更に値引いて込み8万前半台で購入できた。かなり得をしたと思う。

何度も言うけどゲーム専用として購入しているテレビであるので、必要十分な性能。ゲームだけに使うにはかなりもったいないかも。

 

音質は期待してはいけない

最近のテレビはどれも音が良くない。この43J10も褒められたものではない。以前のブラウン管テレビと比べると圧倒的に低音が鳴らない。どうしようもない問題ではあるけど。

私はこの問題を解決するため、2,1CHのホームシアターと後付けでONKYOのスピーカーを接続してある。

スポンサードリンク

 

遅延0,05フレーム

私がこのテレビを購入した1番の理由がこれ。レグザ最速の遅延0,05フレーム。以前使っていた22RE1でも遅延は0,2フレームだったので、それよりも遅延は少ない。

公表値が0,05フレームなだけで実測はもっと多い。というのが通説。パネル遅延が含まれていないので、最大+0,1程増える可能性がある。

 

43インチの遅延具合

テレビを購入するうえで最大限、注意しているポイント。ゲームをしない人にとっては全くどうでもいいことではあるけど、ゲーマーにとってはテレビの遅延は重要な問題。

私はスーパースト4辺りまではブラウン管でゲームをしていたのだけど、地デジ切り替えに伴ってなくなく以前の22RE1を購入せざるを得なかった。

22RE1も当時としては低遅延なテレビでブラウン管から乗り換えても遅延に悩まされることはなかった。だけど今度のは43インチの大型テレビ。

22RE1の時代は32型以上になるとスペック上は途端に1フレ以上の遅延が発生していたので、今回購入した43J10も遅延が0,05フレとは記載されているものの、実際はどうなるか?ここは冒険だった。

そして仮に低遅延だったとしてもあまりの画面の大きさに勝てなくなる。と知り合いの格ゲーマーは言う。反応が遅れたり画面が見えなかったりするから、BENQのモニターなりを買うべきだ。と言われたことも。

だけど、あくまでも私はガチ勢ではなくてエンジョイ勢。ゲームがメインであるけど、ライブ映像やテレビ鑑賞も楽しみたい。22RE1を残してゲーム用のモニターを買い足す案も出たけど、それは普通に考えて邪魔である。と判断。それにそんな暴挙は嫁の許可もおりないだろう(笑)

 

43J10で格闘ゲームを実際にプレイ

結論から言うと全く問題ない。今までと同じ通りの感覚でプレイが可能。

本当に良かった。これで遅延がひどかったら買った意味がない。ヤフオク送りになるところだった。大画面で尚且つ遅延もない。テレビを買い替える目的は達成された。

肝心の勝率も下がることなく、今まで通り動かしていける。ただやはり、慣れた今でも画面が大きいので2時間程プレイしていると目が疲れる。

だけど迫力満点の大きさでのゲームプレイは1つの夢でもあったので、ようやくその夢がかなった。グラフィックのキレイな、例えばFFなどをプレイすると画面に吸い込まれていくような、そんな感覚さえ覚える。

 

結果としては買い替えて良かった

買ったタイミングもよく、かなり安い値段で買えたし、遅延の低さはそのままに、迫力が増したので買い替えは成功したと言える。次は4Kレグザになるだろうか。

次に買い替えるころには遅延など皆無な時代になっているのだろうか。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

筆者へのご連絡はこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください