実はよく知らない?自賠責保険のこと~車検との関係

スポンサーリンク
自動車関連
スポンサーリンク

車を所有することになって数十年経ちますが、未だに自賠責保険のことについてよくわかりません。

以前友人が保険会社に勤めていて、保険のことについて話を聞いたときに自賠責だけではカバーできないから任意保険に入るんだよと説明を受けましたが、

それ以上のことはハッキリ言ってよくわかりません。

車検時に加入することからなんとなく知ってはいても、詳しくはわからない人も多いのではないかと思います。

今日はそんな自賠責保険について調べてみました。

スポンサーリンク

自賠責保険について

自賠責保険は強制加入

まず自賠責保険は大前提として車を運用する上で必ず加入しなければならないものです

これは法律で定められていて日本の公道を走らせようとするならば絶対に加入しなければならず、拒否すれば車検を受けられない仕組みになっています。

このことから強制保険とも言われているようです。

仮に自賠責保険に未加入の状態で走行すると法律によって罰せられます。

  • 1年以下の懲役または50万円以下の罰金
  • 免許停止処分(違反点数6点)

が課せられます。

調べてみて初めてわかったのですが、自賠責未加入だとここまで重い罰則が課されるんですね。

未加入ということはタイミング的に車検も取得していないこととほぼ同義ですので、無車検走行と合わせてより厳しい罰則になりそうです。

自賠責保険の保証範囲

傷害による損害治療関係費、文書料、休業損害、慰謝料最高120万円
後遺障害による損害逸失利益、慰謝料等神経系統・精神・胸腹部臓器に著しい
障害を残して介護が必要な場合
常時介護のとき:最高4,000万円
随時介護のとき:最高3,000万円
後遺障害の程度により
第1級:最高3,000万円~第14級:最高 75万円
死亡による損害葬儀費、逸失利益、慰謝料(本人および遺族)最高3,000万円
死亡するまでの傷害による損害(傷害による損害の場合と同じ)最高120万円
自賠責保険の主な保証範囲

「自賠責ではカバーしきれないから任意保険へ入るのは当たり前」

そう聞かされ初めて車を購入し、知り合いのツテで任意保険へ加入して自賠責保険がなんだかよくわからないまま現在に至ります。

こうして調べてみて保証額を見てみると本当に少ない額しかカバーしていないんだなあ、というのが実感できます。

自賠責保険って本当に必要なのかな?なんて思ってしまいます。

任意保険だけでもいいんじゃないか?って。

障害による損害・死亡による障害による損害が120万しかないなんて….。

自賠責保険は対人を想定した保険であり、対物に関しては保証されておらず、そちらは任意保険でまかなうことになります。

自賠責保険の料金

車種/保険期間60か月契約48か月契約37か月契約36か月契約25か月契約24か月契約13か月契約12か月契約
自家用乗用自動車27,77027,18020,61020,01013,31012,700
軽自動車検査対象車27,33026,76020,31019,73013,15012,550
自家用普通貨物自動車最大積載量が2トンを超えるもの37,98036,71022,43021,130
最大積載量が2トン以下のもの33,84032,73020,25019,120
自家用小型貨物自動車23,87023,15015,02014,280
二輪車250ccを超えるもの11,39011,2309,4409,2707,4407,270
125ccを超え250cc以下のもの16,22014,11011,9609,7707,540
原動機付自転車(125cc以下)13,98012,30010,5908,8507,070
自賠責保険料金表

自賠責保険は1ヶ月単位での加入が可能らしいですが、実際は車検取得と同時に自賠責保険加入、または更新手続きを行う人がほとんどだと思います。

自賠責保険の料金については車検の法定費用、つまり必ず支払わなくてはならない費用の中に含まれるので値引きや減額といった措置はありません。

ですのでどこの窓口で手続きをしても自賠責保険料は変わることがありません。

車種によって料金に違いはあるものの、車に限って言えば普通自動車と軽自動車で料金に差はみられません。ほんの少し軽自動車が安い程度です。

自賠責保険に入っていなければ車検は受けられない

車検を受けるときには自賠責保険証明書の提出が必要です。

そして自賠責保険証は車に積んでおかなければ罰せられます。

自動車損害賠償保障法第8条「自動車は、自動車損害賠償責任保険証明書を備え付けなければ、運行の用に供してはならない」

https://elaws.e-gov.go.jp/document?lawid=326AC0000000185

車に積んでいなければ30万以下の罰金が課せられるようです。

まさかそんな法律あったとは….といった感じです。

車に積み忘れて実際に罰せられた人を見たことはありませんが、特に日常で使用する機会もないので車の車検証入れなどと一緒に積んでおくのがいいでしょう。

いざ車検を受けようと思ってなくしてしまった、では困りますから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました