自動車関連

フロアが濡れているのはサンルーフからの雨漏りかも?キャデラックSRX修理

SRXサンルーフ

たまたま気づいたんです。フロアマットを掃除しようとマットを外したときに何気なく外した先のカーペットを触ってみたら濡れていることに。

これはもしかして….その予感は的中。

サンルーフからの雨漏りでした。

サンルーフ装備の車は昔から雨漏りに注意するように言われています。SRXもその例に漏れず、サンルーフからの排水がうまく機能していないようで雨水が室内に侵入してしまっていました。

週1で洗車はかかせない私にとってこれは重大。早急に修理にとりかかりました。

続きを読む

ハイフラ防止は必須~ウインカーLED化

srxテールled

ウインカーのLED化が進んでいます。

最近では点滅時に流れるような光り方をするシーケンシャルウインカーが流行っていますね。純正でも採用する車が増え、アフターマーケット品(社外品)を使用してカスタムする手法も増えています。

以前乗っていたキャデラックDTSはリアの灯火類は全てLEDとなっているのが1つのちょっとしたステータスだったのですが、現在所有のSRXはテールランプのみ。

見た目のビジュアルは全てLEDのような雰囲気をかもしているのにウインカーを作動させると見慣れたウインカー球の光り方。

絶対LEDでなければ。という考えはなかったのですがなんとなくLED化してみようという気持ちになったので今回作業してみました。

続きを読む

エアコンフィルターの定期交換で車内を快適にしよう

ACデルコエアコンフィルターSRX

花粉症の方は今はさぞかしツライ時期かと思います。

私はそこまでひどくはないのですが、毎日目が充血する位の花粉症持ちではあります。

あともう少しの辛抱ですので頑張りましょう。

今回はエアコンフィルターの話をしましょう。

今では当たり前に装備されているエアコンフィルターですが、みなさんは定期的に交換していますか?

せめて車検毎の交換を個人的にはおすすめします。

特に花粉症で苦しんでいる方、エアコンフィルターの定期交換はやっておいて損はありません。

今回愛車のエアコンフィルターを交換したところ、古いモノは結構凄いことになっていたのでご紹介します。

続きを読む

ヘッドライトが結露する原因と解決策を考える

SRXヘッドライト結露1

ヘッドライトが曇る、黄ばんでくる…

この症状はよく知られています。改善するにはヘッドライトの研磨が必要になっています。

このよくあるヘッドライト問題とは別に、あまり知られてはいませんがヘッドライト内部に水分が侵入してまう。ということもあるのです。

直接雨水が侵入してくる場合もあればヘッドライトが湿気で結露してあたかも内部が水浸しのような様相になってしまう….

こんなヘッドライトの設計上の欠陥とも呼べるような状態になってしまうことも少なからずあるのです。

今回、私が乗り換えたキャデラックSRXクロスオーバーでこのような状態になってしまいましたので、発生の状況と解決策とを合わせて記載していきます。

続きを読む

エンジンオイルを入れすぎるとどうなるのか?

車の基本的なメンテナンスとなるエンジンオイルの交換。

車を初めて所有するようになってから初めてのメンテナンスはエンジンオイル交換、という方が多数だろうと思われます。

新車であれば慣らしの1000kmでの交換はディーラーから言われることだろうし、初めての車が中古のお下がりや格安車を買ったときでも、周りの先輩達からエンジンオイル交換についてはよくアドバイスされたことと思います。

そのエンジンオイルをもしも規定量より多く入れていたらどうなるのか?調べてみました。

続きを読む

意外に効果的だったソニカのエアクリ交換~ターボ車程効果有

走行距離5万kmを越えた通勤車ソニカ。

思えばエアクリの交換時期だった。4万kmも走っている。

そこでどうせ交換するなら、と社外のエアクリを選んでみたのだけどこれが意外の程効果的で驚いた。

NAよりもターボ車で社外のエアクリ交換は威力を発揮する、と耳にしたことがあるけどまさにそんな感じ。

続きを読む

キャデラックSRX純正ナビ更新方法~時間がかかります

SRXアップデートディスク

キャデラックSRXクロスオーバーの純正ナビ地図更新を行いました。

更新方法とその作業内容をここに記録します。

ざっくりとした手順としてはまず、GM店舗やGM車を扱っているヤナセに連絡してアップデートディスクを入手。

アップデートディスクだけでは更新できず、認証コードが必要になります。

あとはひたすら待ちます。更新が終わるまで。結構時間がかかるので時間に余裕のあるときに行うのがいいでしょう。

それと断っておきたいのですが2010~2012年の前期モデルが対象です。後期はやり方が異なりますのでご了承ください。

続きを読む