エアコンフィルターの定期交換で車内を快適にしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ACデルコエアコンフィルターSRX

花粉症の方は今はさぞかしツライ時期かと思います。

私はそこまでひどくはないのですが、毎日目が充血する位の花粉症持ちではあります。

あともう少しの辛抱ですので頑張りましょう。

今回はエアコンフィルターの話をしましょう。

今では当たり前に装備されているエアコンフィルターですが、みなさんは定期的に交換していますか?

せめて車検毎の交換を個人的にはおすすめします。

特に花粉症で苦しんでいる方、エアコンフィルターの定期交換はやっておいて損はありません。

今回愛車のエアコンフィルターを交換したところ、古いモノは結構凄いことになっていたのでご紹介します。

スポンサードリンク

定期交換で車内をクリーンに保つ重要な消耗品

意外と交換を忘れがちなフィルター

このサイトを見に来てくださっている方々は車に精通している人ばかりだと思うので今更説明は不要かもしれませんが、走行しながら外気を導入する車のエアコンは空気中のチリやホコリまでも一緒に取り込んでしまいます。

その中には最近たびたび話題になるPM2.5や排気ガス等、人体に悪影響を及ぼす有害な物質までも一緒に吸い込んでしまいます。花粉も例外ではありません。

そうならない為に、昨今の車はエアコンフィルターなる物が装備されていて、そのフィルターが外気からの有害な物質を遮断してクリーンな空気を室内に導いてくれるようになっています。

ちょっと前、私が通勤に使っていたスバル・R2もそうだったのですがエアコンフィルターの設定がオプションだったり、もっと前の車だと設定そのものがなかったりと、エアコンフィルターの歴史はそんなに古くないように思います。

ちなみに私が過去に所有していたリンカーン・タウンカーは設定がありませんでした。

そんな背景があるからかなのかはわかりませんが、意外とみなさん交換されなかったり、忘れがちになってしまっている人が多く、驚いています。

中には新車購入してから7年目でやっとその存在に気付いた、とする書き込みを見つけ、一般ユーザーの方にとってはわりとどうでもいい事なのかも?しれません。

エアコンフィルター交換の手順

SRXエアコンフィルター
キャデラックSRX用エアコンフィルター
SRXグローブボックス
多くはグローブBOX奥にフィルターがある
SRXグローブBOX2
グローブBOX内を開けたところ
SRXグローブBOX3
かなり汚れていた

エアコンフィルターの交換はそれほど難しいものではなく、多くの車はグローブBOXの奥にありトレイを外して交換する車が多い。

もちろん例外もあるし交換に難儀する車もあるけど大抵はここにあります。

キャデラックSRXクロスオーバーもグローブBOXの奥にフィルターがあって、交換はとても簡単。

今回、ディーラーで買うと1つ約¥8,000もするところ、得意の個人輸入で¥4,000程度で手に入れることができた。

安く購入できたという嬉しさから、そのテンションで意気揚々と交換作業を始め、グローブBOXを外して古いフィルターを見てみると….フィルターはホコリやら枯れ葉やらが詰まっていてかなり汚れていました。

スポンサードリンク
SRX旧エアフィルター1
取り外したエアコンフィルター
SRX旧エアコンフィルター2
枯れ葉やホコリが詰まっていた

ここを通過した空気を車内で吸っていたかと思うと….

砂埃、小さな虫の死骸、枯れ葉、タンポポ?とにかく汚かった。エアコンフィルターがいかに重要な役割を背負っているか、改めて認識した瞬間だった。

フィルターがなかったらこれらの異物が素通りしてエバポレーターへと付着し、のちにエアコンの異臭の原因になるのは簡単に想像できる。

ちなみにフィルター中央付近にあるのはわさびデエールという消臭剤。ヤナセ御用達のグッズだ。

中古購入したこのSRX。所有して半年が経つ。ヤナセ車両であるのに前オーナがメンテナンスをサボっていたのか、または短期間でここまで汚れてしまったのか、それはわからない。

ここまで汚れていたのにも関わらず、エアコンからはイヤなニオイはしていなかったのでそこまでエバポレーターが汚れていなかったのだろう。前オーナーがタバコを吸っていなかったことも考えられます。

エアコンフィルター新旧比較
左が新品。右が取り外したフィルター。
新品フィルター装着
逆の手順で戻す

さて、汚れたフィルターを一通り眺め終わったところで新品へと交換していこう。

ここで新旧フィルターを比較してみる。

新しい物の方が少し高さがある。コレ本当にSRX用なのか?と、きちんと装着できるか少し不安だったものの、実際はしっかり取り付けできた。

画像を見てもわかるようにむしろ新しい物の方がピッタリハマっている。取り外した旧フィルターは少しだけ上の方に隙間がある。

どちらも純正品。後者はACデルコだけどGMの純正ブランドとして確立されているメーカー。もしかしたら年次変更だかで形状が変わったのかもしれない。

新品のエアコンフィルターを取り付ける際、在庫で持っていたわさびデエールも一緒に取り付けた。

この消臭剤は安いしエバポレーターの防カビ効果も備えているのでおすすめです。確か日産でも取り扱っていたはず。みなさんも是非。

使用直後はわさびのツーンとしたニオイがするけど、使用していく内に次第に薄れてくるので大丈夫です。

交換が簡単なタイプであれば自分でやってみる

ネット全盛期のこの時代。

安く済ませたいのであれば自分で交換してみるのもアリです。

大体どんな車のフィルターでもネットで検索すれば出てくるはずです。

ネットで安く購入してDIYで工賃を浮かす。お店に頼むと1,000~5,000円程度は工賃で取られてしまうのでは。

それに時間がなくても作業自体は2~30分程度あれば今回のグローブBOXタイプであれば交換完了できます。

是非トライしてみてください。

それとマメ知識として、現在エアコンフィルターには活性炭入りのタイプが多く出回っています。というかそれが主流のような気がしています。

活性炭入りのフィルターはニオイをよく吸着してくれるのはありがたいのですが汚れてきてしまった場合、ニオイを吸着できなくなってしまって逆に吐き出してしまう、と聞いたことがあります。

エアコンフィルターがニオイの原因になる可能性にもなりえる、ということです。実際今回取り外したエアコンフィルターのニオイを嗅いでみると炭のニオイはせず、ちょっとイヤな感じのニオイでした。言葉では言い表せないのですが….。

ですのでこまめに交換しない、という方はあえて活性炭を配合していないフィルターをチョイスするのもアリかもしれません。活性炭無しタイプの方が総じて価格は安い傾向にあります。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

筆者へのご連絡はこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

コメントを残す

*