オカメインコの発情を止める為に試した4つのこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

IMG_0625

 

画像は我が家のオカメインコ、アニーちゃんです。

今年で6歳の女の子です。

困ったことに去年から急に産卵を始めるようになり困っています。

今までは年に1回1個出てくるかどうか?だったのに突然です。

去年の1番多いときは2か月のトータル産卵数が

25個にもなりました。

明らかに異常事態ですのでいつもいっている「横浜小鳥の病院」へ。

スポンサードリンク

こんなに卵を産むなんて今までになかった事態なので、

どう対処したらいいかわからない私に適切なアドバイスを下さいました。

 

・餌の量を少しづつ減らしてみる。

・適度なストレスを与える

・環境を変えてみる

・早く寝かせる

 

基本の考えとしてはこのような感じです。

特に餌の量について、今まではなんにも気にしていなかったので適当にババっと朝エサ入れに入れるのみで、ここが1番ダメだと。

スポンサードリンク

毎日10グラム、決まった分量を入れることに。

 

次にストレスを与えることですが、今までは窓際に置いていたせいかそれだけで軽くストレスがかかっていたみたい?

で、新居に引っ越してからは静かな部屋の隅っこにカゴを配置してあるので、そこが居心地よすぎて安全だ、卵を産もう、

となっているのでは?と。

ベランダにカラスやらネコやらが頻繁にやってきてたので、うちのアニーちゃんは毎日気が気ではなかったことでしょう(笑)

今思えばこれがいいように作用してたんですかね。

だけど窓際にまた置くのはちょっとかわいそうな気もするので、おもちゃとか見慣れない物をカゴの中に置いてビビらせる作戦をとりました。

 

そして仕事から帰宅したら早々にカバーを被せて眠らせる。

発情を促してしまう可能性があったのでスキンシップもあまりとらず、パパッと手早くナイトカバーをかけます。

 

これを繰り返したら見事に産卵が止まりました。

 

 

これで安心、と思いきや今現在また卵を産みだしています。今8個目。

あったかくなってきたからなのか….。このシーズンはみなさん苦労しているようです。

もう産んじゃダメだよ、と声をかけながら毎朝仕事に出かけます。

 

どうしたものか….。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

筆者へのご連絡はこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください