雑記

スポンサードリンク
スポンサードリンク

これで発情しません!オカメインコの発情を抑える効果のあった方法

以前にも書いたオカメインコの発情を抑えるために試した方法論ですが、

やっぱり個体差があってどの方法が1番いい、とは言えないようです。

スポンサードリンク

先日も横浜小鳥の病院へ経過観察の為に診察しに行きましたが、

詳しく話を聞いてきました。

続きを読む

居眠り運転対策~10年間で試した7つの方法。

世間はついにお盆休みムードですね。お勤めの方は念願の長期連休で、予定もぎっしり組まれている方もいるでしょう。私もキャデラックDTSでお墓参りに、明後日土曜の夜中に秋田まで出発します。

そこでいつも問題になるのが睡魔との戦いです。私は車の運転は大好きなのですが、2時間~も連続運転すると眠くて眠くてたまらなくなります。帰省はほぼ毎年恒例で横浜から秋田まで、約650kmあります。

眠くて眠くてついウトウトしてしまい、危ない思いをしたことも多々あります。気が付いたら隣の車線を走ってたことも….。

居眠り運転は非常に危険です。大事故にもつながります。家族や友達を乗せてのドライブは責任も伴ってくるので、長距離運転の前にしっかり前準備しましょう。ここ10年間の間に試した眠気・睡魔撃退法を記載します。

同じように睡魔に悩まれている方に、参考になれば幸いです。

続きを読む

大人になった今、改めてもののけ姫を見てみた

先日TVでもののけ姫が放送されていました。

夏と言えばジブリ、というのが私の中では定番で、来週はコクリコ坂が放送するようです。

 

このもののけ姫ですが、映画上映当時に私も見ましたけど、なんだか話が難しくてついていけず、

全体的に「???」

状態のまま物語が終わった。みたいなイメージが強くて、印象に残らなかったんです。

トトロやラピュタは強烈に覚えているのですが….。

ですが、今改めてもののけ姫を見ると結構面白いな、と。

自分が大人になった、ってことなんでしょうかね。

続きを読む

相模原~障がい者福祉施設殺人事件

今日もいつもと変わらず通勤車に乗り込みラジオをつける。

するといつも聞いているfmヨコハマのDJ栗原さんの声に少し緊張がある。

聞いてみると相模原の障がい者福祉施設で連続して殺人事件が起きた、との知らせ。

 

事件が起きたのは夜中2時、3時とも伝えられており、

犯人は1人、いや複数いる。

などと情報は錯綜している状況だった。

いまだ混乱状況が続いていることが感じられた。

 

世間はポケモンで賑わっている中での凄惨な事件だ。

海外などで伝えられる戦争や事件は、申し訳ないことなんだけど、あまりに遠すぎて正直実感がわきにくい。

だけどこの事件は地元神奈川でこ起こった凶悪極まりない事件。

これは現実に起きていることなんだ、とひしひしと感じる。

 

続きを読む

海外からアメ車の部品を調達…

先日久しぶりにキャデラックDTSの部品、ワイパーブレードをいつも使っている「JOYBAY(ジョイベイ)」

という代行業者で輸入しようとログインしようとしたのですが….

 

何故かログイン画面で固まり動かなくなる

 

 

という困ったことになりました。

続きを読む

アイアムアヒーロー

DSC_1077

 

 

現在20巻だったかな?まで出ていますね、アイアムアヒーロー。

つい先日映画化もされて今旬の漫画の1つではないでしょうか。

私がこの漫画を知るきっかけはとある深夜番組で、この作者と著名な漫画家の方、名前は忘れてしまいましたが、

そのお二方が対談形式で漫画を語り合う、そのような番組で知りました。

アイアムアヒーローの作者、花沢氏は1コマ1コマにえらい時間をかけて描くそうで、

そんな漫画だったら見てみよう。ということでブックオフへ翌日足を運びました。

 

続きを読む

オカメインコの発情を止める為に試した4つのこと。

IMG_0625

 

画像は我が家のオカメインコ、アニーちゃんです。

今年で6歳の女の子です。

困ったことに去年から急に産卵を始めるようになり困っています。

今までは年に1回1個出てくるかどうか?だったのに突然です。

去年の1番多いときは2か月のトータル産卵数が

25個にもなりました。

明らかに異常事態ですのでいつもいっている「横浜小鳥の病院」へ。

続きを読む

最近話題のキングダムを読んでみた

少し前から話題になっていたマンガ、キングダム。

一気に全巻読んでみた。(現在42巻まで)

 

最初に目につくのは表紙。パっとした見た目は正直とっつきにくくて、なかなか読む気が出ませんでした。

絵柄に抵抗があるというか…なんだか泥臭い感じがしてイヤでした。

まあそれでもなんとか1~3巻辺りまで読み進めていくと、今度は名前が小難しい人ばかり出てきてここでもくじけそうに(笑)

まあそれもそのはずで、このマンガ昔の中国の話なので「政」とか「信」とか、「王騎」、「呂不意」、などと日本人には馴染みのないところなので、

「名前なのか地名なのかわからん。」

とまで嫁は言い出す始末。

続きを読む