毎朝飲んでいるおいしい缶コーヒー、オススメ3選。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
モーニングショット
スポンサードリンク

元々私はコーヒーが苦手でした。苦くて量も少ないし、なぜこんな物が飲めるのか?と疑問にさえ思っていました。それが今では毎日2~3缶は飲んでいるヘビー?ユーザーです。

転機と言うかきっかけとなったのはCADでのモデリンングの仕事に携わるようになってからですね。もう7~8年前になりますが派遣で大手企業に出向していた時期があり、そこでのデスクワークでコーヒーを覚えました。

そういった企業の自販機には必ずコーヒーが置いてあるんです。眠気覚ましの為だと思うのですが、デスクワークは確かに眠くなる。仕事がはかどらなくなることも多々あるので試しに買って飲んでみると、なんだかスッキリしたんですよね。

もはや休みの日でも缶コーヒーを買いに行って毎朝飲まないとその日の気分が乗らない。そこまで依存してしまっています。今日は私がよく飲んでいるコーヒーを紹介します。

 

スポンサードリンク

WANDA・モーニングショット

甘いのが好きな人にはいいかも

モーニングショット

これは私がコーヒーを飲み始めた頃から飲んでいます。そのネーミングにつられて朝買うことの多いコーヒー。朝飲むと理由もなく、なんとなく気分がいい。そんなコーヒー。

結構甘ったるい系のコーヒーなので苦味が好きな人には向かないでしょう。この甘さが朝飲むと糖分を脳に運んでくれてその日の活動のスタートダッシュをきってくれる。そんなことを思いながら飲んでいます。

甘いと言ってもほどほどの苦味はあります。ダイドー・ブレンドコーヒーのような甘さではりません。後味に苦味が来るような感じでしょうか。

わざわざパッケージに「朝専用」と書いてある理由は人間が朝起きた時に欲する味覚を研究して、頭の目覚めを助ける。と深読みしてしまうのは考えすぎでしょうか。

 

キリン・FIRE

挽きたてを感じられるコーヒー

dsc_1448

スポンサードリンク

最近リニューアルされてよりコーヒーの風味が増しました。焦がし焼き、とあるようにコーヒーを挽いたときに出る香ばしい香りが従来の物よりも更に強く感じられるようになりました。

微糖であるところも健康志向の強い方には嬉しいポイント。コーヒー本来の苦さの中にほんのり甘味を感じます。コーヒーはビターテイスト、と思っている方に。ブラックとまではいきませんけどもう少し甘味が欲しい。と思っている人にうってつけ。

これが私の缶コーヒーデビュー商品で、見ているとバリバリCADで面を張っていた頃を思い出します。

 

BOSS・コロンビア

甘すぎず、苦すぎず

BOSSコロンビア

この上記のモーニングショットとFIREとの中間位の甘さ具合でしょうか。職場の自販機にここ最近入った新製品。最初はとっつきにくくて慣れない味でしたけど、今は定番コーヒーとしてよく飲んでいます。

微糖の中でもわりと甘いコーヒーの部類ですがそれでもコーヒーの後味が長く続くので、その余韻に長く浸れます。個人的にはもう少し苦味を強調してもいいのではと思います。

 

コーヒーの飲みすぎには注意

飲みすぎにはくれぐれも気を付けて下さい。一説には缶コーヒーであれば1日2~3本にしておくべき、とも言われています。その理由としてカフェインの多量摂取によるカフェイン中毒になる恐れがあるのと、糖分を多く取り過ぎて将来糖尿病になる可能性が高まってしまう、太りやすくなってしまうこと、がよく言われています。

カフェインは適度に摂取すれば集中力を高めたり、脳を活性化させて仕事の効率を高めてくれたり、とプラスの方向に働きますが取りすぎは多尿を誘発させたりします。

更にカフェイン中毒になってしまうと初期症状として嘔吐や動悸などみられ、痙攣や筋肉痛をともなうこともあると言うことです。重症になると不整脈や呼吸困難に至ることもあるそうです。

何事もほどほどが大事。ということですね。

私の好きな言葉に「大概の問題はコーヒー1杯飲んでいる間に心の中で解決する物だ。後はそれを実行できるかどうかだ」という言葉があります。

これはガンダムXに登場するテクスというキャラクターの言葉ですが、当時はピンときませんでしたけど今は年をとればとるほど、なるほどなあと思うようになってきました。

仕事の休み時間に飲むコーヒーは格別です。たった10分でもリフレッシュさせてくれるよき相棒。みなさんもぜひ。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

筆者へのご連絡はこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

コメントを残す

*