水なし洗車は愛車を傷だらけにして逆効果かも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

オートバックスなどの洗車用品コーナーを見てみると、ここ最近のはやりなのか「水を使わずに洗車ができます。」

という謳い文句の洗車グッズをよく見かけるようになった。

どういうことかと思って調べてみると、単純に言葉通りの意味で水を使わないで洗車をする。あるいは少量の水で洗車をする。

というもの。

ここでちょっと言いたい。

洗車をするときは絶対に水を使って行うように。と。

ここでは水なし洗車のメリット・デメリット、個人的な見解を述べていきます。

スポンサードリンク

水なし洗車について

手軽に洗車できる

水なし洗車の最大のメリットはその名の通り、水を使わずに車を洗えること。

自分のように洗車を趣味にしているような変わった人間ならともかく、特に車を趣味としていない人にとっては洗車は結構な重労働。

洗車をするための準備、バケツやらスポンジやらシャンプーやらを用意する必要もあるし、持家でなければ洗おうと思うと洗車場に行かなければならなかったり、意外と敷居は高い。

その点、水なし洗車であれば水を使わずに駐車スペースで車を洗うことができる。

よし洗おう!と思い立ったときにすぐ実行に移せる手軽さ、クイックさが魅力。

洗車用品の片づけもしなくていいので手早く済ませられることもポイントが高いですね。

デメリット

水なし洗車最大の欠点。それは傷がつきやすいこと。

キレイにしているつもりが逆にボディを傷だらけにしていることだってあり得る。

理由として水なし洗車は流水を使って十分にボディのチリやホコリ等の汚れを落とすことができず、大体がいきなりスポンジやタオルで汚れを落とす工程から始めます。

これではスポンジ等に汚れを噛みこみながらボディを洗っていることになるので、いわゆる「洗車キズ」がとてもつきやすくなってしまいます。

一見するとキレイになったボディも太陽光の下にいくとボディは洗車キズでギラギラ。無数の線キズがビシビシ入ることは必至です。

結局水なし洗車はどうなのか?

個人的には「無し」です。あり得ません。

スポンサードリンク

ボディのキレイさ、を追い求める自分にとって水無し洗車はいくら時間がない状態でもNGな行為です。

従来の洗車方法である最初に水をかける、事前に流水でボディの砂埃を落とす工程はとても重要なことで、これを省いた水なし洗車は車のボディに(洗車)キズをつけているだけです。

塗装はボディに付着した細かな砂埃より柔らかく、上述したようにスポンジやタオルに砂埃を噛みこんでしまうと砂埃を引きずったまま洗うことになるので、無数のひっかき傷ができてしまいます。これが洗車キズの正体。

この洗車キズを嫌い、まずは十分な水をボディにかけ砂埃を吹き飛ばすのです。

それからシャンプーを使ってボディの汚れを落としていきます。

 

ですが自分のような車を趣味としていない方々にとって水なし洗車が受け入れられているのも事実です。

洗車用品コーナーは少しづつ、そんな水なし洗車グッズが増えてきている気がします。

自分のような新車のような、もしくはそれを超える輝きのボディをいつまでも維持したい。と考えている以外の層、そこまで求めていない人達に向けた商品で、

車に対してライトなユーザーな方々にうまくハマった商品なのかもしれません。

例えばフクピカなんかはその最たるところで、車に常に置いておいて汚れが気になったらサっと拭く。

何度も言うようですけどそれは私にとってはあり得ない行為なのですが、

車を大事に・キレイにしたい。という想いは人ぞれぞれで、それで良しとするのもまた愛情の1つなんだなあ。と最近思うようになりました。

今の20代は車に無頓着な人が多いとよく聞きますが、まずはこういった簡単なボディの手入れから始めて、

もっとキレイにしてみたい。とゆくゆくは思うようになればそれはそれで車業界にとって明るい材料になるし。

女性の方もこういったところから車に対して興味を持ってもらえれば、と勝手に思っています。

 

もし洗車を、愛車をもっとキレイにしてみたい。

と思うようになった方、私でよければアドバイス致します。お気軽に連絡下さい。

自分もまだまだ勉強中ですが、一般の人から見たら十分洗車マニアと言われる部類だと思いますので(笑)

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

筆者へのご連絡はこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

コメントを残す

*