樹脂パーツの劣化による白ボケに、1番の対策方法です

黒樹脂復活

車には外観に未塗装の黒い樹脂パーツが採用されている車があります。

主なところでは商用車であるバンや、クロカン・SUVなどによく使われています。商用車ではバンパー丸ごと未塗装、なんてのもよく見かけますね。

使われる理由としてはコストの削減やキズの防止などが挙げられます。塗装されていないのでキズがつく心配があまりなく、ラフな使い方ができます。

ですが未塗装ゆえの弱点もあるのです。

それが劣化による白ボケ。最初は黒っぽかったバンパーも年数が経つにつれてだんだん白っぽくなってしまいます。

これの最善の解決方法を今日は記載します。

続きを読む

SUV用のタイヤって何が違う?乗用車に履いても問題ないか

デューラー溝

SUVブームは衰えることを知りません。各メーカーから次々に新型SUVがリリースされています。

家が買えるほどの価格、超高級メーカーであるベントレーからもSUVが出ましたからね。今の時代の波は完全にSUVでしょう。

そこで気になったことがSUV用のタイヤ、です。

セダンライクな乗り味とスポーティな走り味が多いSUVですが、専用のSUVタイヤとは何なのか?調べてみました。

続きを読む

ガラスコーティング、実は欠陥品?汚れないというのはウソ

リボルトプロ撥水1

タイトルの通りです。ガラスコーティングは欠陥品なのです。いや、欠陥品というよりも未完成品。と言った方が近い表現かもしれません。

なぜそう思うのか?

私も今まで数多くのコーティングやワックスを試してきました。そういった方々はたくさんいらっしゃることでしょう。

これまで数々のコーティング剤を試した結果、正直言って市販品レベルではどれも大差ないのではないかと、最近そう思うのです。

今回の記事は私個人の考えを記載します。本当のところは間違っているかもしれませんが、あくまでも個人の考えとして捉えていただきお読みくださればと思います。

続きを読む

ナンバーを自動で読み取る装置で車検の取締りが厳しく?

車検切れで走っている車って意外と多いんです。

実に全国に20万台程もあるそうです。凄いと思いませんか?車検が切れているということは自賠責保険もおそらく切れているでしょうし….。

そんな状態で事故を起こしたらどうなってしまうのか、想像するだけでも怖いです。

そんな車検切れの車を瞬時に判別することのできるシステムを国土交通省が導入するようです。

続きを読む

株価急落パイオニア、新社長と新型ナビで復活なるか?

タウンカー サイバーナビ

パイオニアと言えば車好きには言わずと知れたメーカーです。スピーカーからナビまで、その知名度は車界のAVメーカーとして確固たる地位を確立しています。

….のはずなのですが現在のパイオニアは業績がふるわず、実は赤字続きの企業なのです。

それも結構崖っぷちなイメージでヘタすれば倒産してしまうことも可能性としては十分あり得る、というそんな状況なのです。

続きを読む

赤色の塗装は何故退色してしまうのか?原因と対策

DTSホイールキャップ

年季の入った車では塗装の退色が進んだ車を見かけることがあります。

そこで思い出してほしいのですが、色褪せの激しい車って大体赤系のカラーじゃないですか?

なんとなく黒系の方が太陽の紫外線を強く浴びそうなイメージがあったのですが、調べていくとそれにはちゃんと理由がありました。

続きを読む

実は危険!オートクローザーで指を切断する事故がBMWで

ミニバンのスライドドア等で装備されているオートクローザー機能。

メーカーによって呼び方は異なるけど、機能としては自動でドアを閉めてくれるということに変わりはありません。

数は少ないけど昔からセダンやクーペにも採用されているものの、日本国内ではミニバンが大流行しているのでミニバンのオートクローザーが一般的だろうと思う。

このオートクローザー、実は危険がいっぱいで海外では指を切断してしまうという大事故にもつながっているのだ。

続きを読む

トヨタ・ミライの補助金がスゴイことに!113万で乗れる!

数年前に鳴り物入りでデビューを飾ったトヨタの水素自動車「ミライ」

燃料は水素ということでインフラ整備が整うまでは売れないだろう。と思っていた。

そして現状は正にその通りで公道行動を走っていたミライを見たのは2~3回しかない。

車両価格は723万6,000円という高価格でクラウンも真っ青な価格帯だけどこれにはからくりがあった。

ミライには購入時に様々な補助金が受けられるのだけど、その補助金が現在とんでもないことになっており、トヨタが4年後の買い取り価格の半額を保証する。と言い出したからさあ大変。

実は「買い」なのか。トヨタのミライ。

続きを読む