その転職ちょっと待ってください!~転職する際に注意すべきこと~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

みなさんは転職ってしたことあるでしょうか?私はというと飽きっぽいのか我慢が足りないのか、今までに3回変えてます。1つに会社に2~3年しか在籍していません。

今現在務めている会社が1番長く、ちょうど4年続いてます。22の時に就職し、それまではフリーターとしてアルバイト生活でした。アルバイトも含めれば経験した職は両手じゃ足りません。

中には1日で辞めたものもあって、あまり誇れたモノではないのですが。フリーター時代は1年位バイトを続けると、そろそろ別のバイトしようかな?などと、あまり深い理由もなくコロコロ変えてました。長くて1年ちょっとです。

私のことはさて置いて、現在転職をお考えの方がいれば、今の会社を辞める前にちょっと待ってください。絶対に勢いで辞めないでください。私が転職に経験した失敗談など記載致します。私のようにツライ思いをしてほしくないのです。

気が向いたらで結構ですので、ちょっと読んでみてください。

 

スポンサードリンク

 

転職活動は慎重に

 

転職しようかな?と思っていてもなかなか時間が取れなかったり、日々仕事をしながらだと仕事に追われて、転職に対して前向きに行動できなかったりします。転職するってもの凄いエネルギーを使うんですよね。

職を変える、ってことは自分の今後の人生まで変わってくるので、給料や待遇面など、よく考えてから決断してください。

転勤はないか?退職金はあるか?保険は完備しているか?交通費は出るのか?その会社のスキルは自分にマッチしているか?通勤は大丈夫そうか?特に30~40代での転職は企業側も即戦力を求めてくるので、自分のスキル・経験分野に合った会社を選ばないといけません。

もっとも企業側も未経験は採用しないでしょうけど….。

給料がいいから、と経験の浅い分野で勝負するのは危険な賭けです。(勝てばいいですが)不動産の営業など最たる例かと。営業は常に人が入れ替わるのでどんな人でも入りやすく、間口が広いのですが、慣れない仕事で心身ともに消耗が激しく、大体が体育会系の雰囲気なので、年下の上司に頭を下げることになります。

会社選びは慎重すぎて困ることはありませんので、しっかりと準備を。仕事の合間を縫って面接や準備をするのは大変ですが、がんばってください。

スポンサードリンク

 

勢いで退職しないこと

1番やってはいけないのは、ただなんとなくな気持ちで、目的がないまま今の仕事を辞めるのはよくありません。今の会社はそこそこ待遇もいいし、給料も不満がない。同僚ともそれなりにやっている。だけどこの会社に居続けることになんだか疑問が残る。だから退職する。

実際つい最近、知人が今いる私の会社の見学を申し出てきて対応したとき、このようなことを言ってました。色々と職を探しているようです。

あ~この人は今辞めるかどうか揺らいでいるなあ、という雰囲気が感じ取れました。

もうイヤだ!早いとこ次の職を探して早く辞めてやる!とか、退職に向けて意気込んでいる感じでもなさそうだったんです。自分の中でもまだ辞めるかどうか固まってなかったんです。

その後も今の会社で働き続けているそうですが、家庭も持っていたし、急な転職はオススメできないことをお伝えてしておきました。

自分の経験ですけどなんとなくで辞めてしまうと不思議と次もうまくいかないケースが多いです。また希望通りの会社に入社できなかったり、その結果として妥協に妥協を重ねて入りたくもない会社に入社を繰り返し、気づかないうちに辞めグセがついてしまったり、あまりいい仕事ができなかったりと、自分自身にもプラスになりません。

自分の中で確固たる理由ができてから退職をすすめます。

今の会社に入ったばかりだけど人間関係がうまくいかない。毎日がつらい。会社に行きたくない。出勤前に気持ちが悪くなってしまう。

ここまでつらい思いをしているのであれば今すぐ退職するのも1つの手です。健康を害してまで働く必要はありません。健康が第一です。

 

どうしても辞めたいときは少し貯金する

これはとても大事です。衝動的に退職してしまったときに預貯金があれば収入がなくとも食いつなげます。キツいかもしれませんがガマンして、3か月は収入がなくとも平気な額があればベスト。

何故かというと自己都合での退職は退職してから3か月後まで、雇用保険が支払われないからです。

1番いいのは次の会社が決まってから退職するのがいいのですが、タイミングなども相まってうまくいかないこともあります。

大事なことなのでもう1度言います。勢いで辞めないでください。

辞める前にもう1度、自分に問いかけてみてください。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

筆者へのご連絡はこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください