ゲームをすればボケ防止に?シニア世代に増えるゲーマー達

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

近頃、団塊世代をも超えたシニア世代の方々がゲームに没頭する人が増えているようだ。

そうくれば、この人を挙げないわけにはいかない。

鈴木史郎氏だ。

shiro_suzuki

 

もはや我々ゲーマー達の希望といっても過言ではない。

日本では何かとゲーム=オタク・暗い、

または目に悪いとか、体に、性格に悪影響を及ぼすとか、

ネガティブな言葉をかけられることも少なくないけど、鈴木史郎氏は真っ向から否定する。

ゲームをすることを推奨しているのだから。

スポンサードリンク

・本当にゲームが上手い

 

テレビでご存じの方もいるだろうとは思う。

鈴木史郎氏はゲームが大好きとのことで、かなりやりこんでいるそうだ。

私が見たのはバイオハザード4をプレイしているときのものだった。

 

私もバイオハザード4はプレイ済み。

番組内ではバイオハザード4のゲームモードの1部である、マーセナリーズをプレイして高得点を出そう。

というもの。

 

見て驚愕した。

本当にかなりの高得点を叩きだしている。

 

勿論それを超えるプレイヤーも存在するけど、

かなりやりこんでいることは間違いない。少なくとも自分よりかは高い点数を出していた。

 

プレイ動画はこちら

https://www.youtube.com/watch?v=tmVQSmZUf5Q

 

それにバイオハザードプレイ中は人格が変わっているのも笑える(笑)

鈴木史郎コメント

スポンサードリンク

 

鈴木史郎コメント2

 

 

ゲーム仲間には若大将こと加山雄三さんもいらっしゃるとかで、

クラウザー!とお互い声をかけて握手を交わしたそうな(笑)

 

 

 

・ゲームをすることでボケ防止になる?

 

番組内での鈴木史郎氏の発言で、

ゲームをすることで反射神経を鍛えられる。

コップを手から落としたとき、僕はサっと捕まえることができるけど妻はそれができない。

と確かそんな感じでおっしゃっていました。

 

ゲームが悪影響を及ぼすというのはマスコミ受けをよくするため。

逆に脳が活性化していい影響があるんです。

とも発言している。

 

なんとも頼もしいお言葉。

 

 

一般の方でもシルバーゲーマーといって、ゲームをする方が結構いるそうで、

実際ゲーセンに行ってみると70超え~の方がメダルゲームをやっているのをたまに見かけます。

今ではゲーセンが憩いの場となっているところもあるようです。

ちょっと信じられませんね。

 

 

それとこんな記事も目にした。

http://female-hormone.info/genki-game

 

ゲームをする人としない人で下記の6つの能力を比較した結果、

ゲームをする人の方が数値上回っていた、という研究結果だ。

  • 達成力
  • 遂行力
  • 思考力
  • 集中力
  • 動体視力
  • 瞬発力

 

実際この中でも動体視力と瞬発力には私も結構自信あります。

得意とする格ゲーは特にこの2つと関連が高そうだし。

 

 

今では研究が進んで

ゲーム=悪

みたい図式は変化しつつあるようです。

ゲームが好きなみなさんにとっては、まったくいい世の中になってきたものだと思いますよね(笑)

 

私も大先輩である鈴木史郎氏を見習って、80を超えてもゲーマーであり続ける所存です。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

筆者へのご連絡はこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

コメントを残す

*