セダンの魅力は車としての本来のカタチの美しさにあると思う 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
DTS&CTS
スポンサードリンク

私は子供の頃からセダンタイプの車が好きだった。家で乗っていた車は2ドアのカローラ。

なんでウチは2ドアなのか??乗り降りしにくいし後ろは狭いし、大人になったら絶対4枚ドアの付いた車に乗る!

と、子供ながらに思っていたことが懐かしく思い出されます。

ちなみに当時は車に全く興味がなかったのですが、車に乗るならセダンタイプ。と決めていました。

変なこだわりがありましたね。

 

その頃の夢は一応が叶って、メインの車は全てセダン車を乗り継いでいます。

最初はホンダ・KA7レジェンド。次もレジェンド(KA9)。

そして人と被らない車を。ということでそれを突き詰めたらアメ車になって、

リンカーン・タウンカー。そして現在はキャデラックDTSです。

 

 

 

スポンサードリンク

 

セダンのフォルムが好きなんですよね。1番車らしいと言いますか。Cピラーを正面に車を後ろ斜めから見た絵が好きです。

セダンの中でも大きなセダンが特に好物です。

大きくなると自然とプレステージ性を纏った車になってきますが、

このクラスの車になってくると各種装備がてんこ盛りなので、それがまたいいんですよね。

 

こんな装備あっても別に….とか、いつ使うんだこの機能….とか、

そんなムダ感が凄い好きなんです。この感じ、わかる人にはわかるハズ。

 

オートクルーズ、リア電動サンシェード、ステアリングヒーター、ウインドディスプレイ、(フロントガラスにスピードが表示される)

全席独立エアコン、リアシートリクライニング、リアシートマッサージ機能、助手席オットマン、電動エアコン送風口、

数え上げたらキリがありません。

 

そんな個人的に気になるセダン達をメーカー毎に列挙してみました。

まずは国産から。

 

 

 

トヨタ

・クラウン・マジェスタ

マジェスタ2

 

 

日産

・シーマ

シーマ

 

 

・プレジデント

プレジデント

 

ホンダ

・レジェンド

レジェンド

 

レクサス

・レクサスLS

LS

 

 

・レクサスGS

GS

 

 

 

そしてここからが本番。アメリカのセダンです。ちょっとした解説も交えましょう。

 

・キャデラック

・DTS

DTS

 

私のDTSです。DTSオフ会でのショット。

現在は後述するCT6の登場によって乗り換えが進んでいるものと思われます。

スポンサードリンク

このDTSは2012年に生産終了したあと、キャデラックブランドでこのクラスの後継機がなかった為、

中古での値下がりが期待できます。

 

 

・CT6

CT6・2

待ちに待ったアメリカンフルサイズの復活。それがこのCT6。

日本へも導入され、今月から正式に発売されました。

エンジンは今のところ最高でもV6仕様ですが、今後はVシリーズの展開も視野に入れているらしく、

V8エンジンが積まれる可能性も。

 

 

リンカーン

・タウンカー

タウンカー

 

以前の愛車。全長5.5m、幅2mのビッグサイズ。アメリカの雰囲気をプンプンさせる車。THE・アメ車。

今でも乗りたいと思わせる程、魅力が詰まっていた車です。

更にロングホイールベース仕様が存在し、150mmプラスされ全長は5.65mに。

エンジンルームがスカスカで手が入りやすく、整備性抜群。素人でもDIYで車のメンテナンスをするのが好き。

という方にも存分に楽しめる車です。

 

 

・MKS

MKS

 

フォードが新開発したエコブースト、というダウンサイジングターボ・V6-3.5ツインターボを新たに積んだ、

リンカーンの新しいフラッグシップ。後期型のフェイスよりこちらの前期型の方が好みなので、こちらを選んだ。

フラッグシップとはいってもクラス的にはEセグメントに属すると思われます。

売り上げが振るわないようで、新型リンカーン・コンチネンタルがリリースされた後は消えゆく運命でしょう。

 

 

クライスラー

・300

300

 

現行型は以前の300Cと比べるとヨーロピアンテイスト溢れる姿に変身。

個人的にはこちらの方がシャレていて好きです。生粋のアメ車が好きな人は以前の300Cを好む傾向にあります。

 

 

フォード

・トーラス

トーラス

 

リンカーンMKSの兄弟車。MKSもこのトーラスも、こんなにカッコイイのに正規輸入されてないのが残念。

ポリスインターセプター仕様、要するにパトカー仕様もある。

とても評価が高く、レクサスLSよりも塗装品質が高いと評価をされている。

 

 

ビュイック

ルサーン

ルサーン

 

エンジンの中身はDTSと同じ、V8ノーススター。

室内のデザイン、ボタン類もDTSと共通の物が使われていたりする。

フェンダーダクトがいいアクセントですね。

 

 

 

今回は個人的に好きな、気になるセダンしか挙げませんでしたが、

アメリカにはまだまだイイセダンはたくさんあります。

国産と比べるとアメリカのデザインには個性があって、そこがアメ車の大きな魅力でもあります。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

筆者へのご連絡はこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

コメントを残す

*