いよいよ日本でも!待望のフルサイズ・キャデラックCT6!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
スポンサードリンク

キャデラックの新たなフラッグシップ

 

本国ではすでに発売されていて実際に街中を走っていますが、

ここ日本でもついに来月発売されます。

キャデラックの新しいフラッグシップセダン、キャデラックCT6。

ファンは待ち望んでいたことでしょう。

スポンサードリンク

・キャデラックCT6 スペック

全長 5,190 mm
全幅 1,885 mm
全高 1,495 mm
ホイールベース 3,110 mm
トレッド(前) 1,620 mm
トレッド(後) 1,645 mm
室内長 1,925 mm
室内幅 1,355 mm
室内高 1,120 mm
最低地上高 145 mm
車両重量 1,920 kg
乗車定員 5 名
種類/型式 V型6気筒DOHC
総排気量 3,649 cc
ボア x ストローク 95.0 mm × 85.8 mm
最高出力 250kW (340PS) / 6,900rpm (SAE)
最大トルク 386N・m (39.4kg・m) / 5,300rpm (SAE)
燃料供給装置 電子式燃料噴射(筒内直接噴射)
使用燃料 無鉛プレミアムガソリン
燃料タンク容量 74 ℓ

残念なのは日本ではプラチナムの1グレードしか正規輸入しない点です。

スポンサードリンク

ボディーカラーも3色しかありません。

 

本国では4グレード展開していて、

・ベース

・ラグジュアリー

・プレミアムラグジュアリー

・プラチナム

と選べます。

ボディカラーも10種類の中から選べます。

最初は少しづつ小出しにしていって、数年後に売れてくればグレードを増やしていくのでしょうか??

いや、そうであってほしい。

 

最も残念なのはエンジンがV6の3.6しか選べない点です。

本当は直4/2.0ターボや、V6/3.0タ-ボなんてのもあるんですが、

せめて3リッターターボは持ってきてほしいですね。

 

私が懇意にしているヤナセでも、話を聞くとみなさんお待ちかね、とのことで、

フルサイズセダンの復活はキャデラック乗りの間ではやはり待ちかねていたようです。

ドゥビルやDTSを大事に乗られている方もたくさんいらっしゃるようで、

そんな方達が首を長くして待っていた、とのこと。

 

XTSが代わりに消滅してしまいますが、しかたないことでしょう。

本国でもの日本でも売れてないので….。

 

早く実車が見てみたいです。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

筆者へのご連絡はこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

コメントを残す

*