フロント、リアガラスにアルミテープを貼る狙いと効果

Frガラス・アルミテープ

ここではフロントガラス、サイドガラス、リアガラスにアルミテープを貼りつけた時の効果やその狙いについて着目していきます。

ガラスにアルミテープを貼り付けるのはトヨタがこの技術を公表した当初から言われていた箇所で車種を問わずに施行しやすい部分でもあり、まずはガラスから貼る方も多いのでは?

公開当初のフロントガラスの隅に貼る方法とは別な貼り方を参考にしていきます。

続きを読む

アメ車に乗って大変だったこと・苦労したこと

GMエンブレム

人生の3分の1以上はアメ車漬けになってしまっている私ですが、元々アメリカの車というカテゴリはそんなに興味はなかったんです。

ただ、大きなセダンが好き。なだけで特別な思い入れやこだわりはなかったのですが、1度乗ってしまうと病みつきになってしまう魅力がある。

そう気づいてから今日まで、アメ車のことを考えない日は(ほぼ)ありません。それほどハマってしまいましたが、このブログで何度か言っているように初めてアメ車に乗りかえるときは心配と不安でいっぱいでした。

ここではあまりアメ車にとってマイナスなイメージを持たせてしまうような事は書きたくないのですが、あえてアメ車に乗ってから大変だったことや苦労したことなど、記載します。

これからアメ車へ乗り換えを検討している人の参考になればと思います。

続きを読む

トヨタのエアロスタビライジングフィン~仕組みを調べてみた

ハイエースドアミラー

ここ数年で急激に見かけるようになったトヨタ車に装備されてる小さなフィン。みなさんはご存知ですか?

近年のトヨタ車、よくドアミラーやテールランプなどに装備されています。車種によってはアンダーカバーに装着されている例もあるとか。

この小さなフィン、「エアロスタビライジングフィン」というのが正式名称みたいですが、この仕組みと原理を以前から知りたく、興味本位で調べてみました。

実際自車にも取り付けてみてその効果と合わせて記載します。

・ヒントは魚のカジキ!? トヨタ86の「小さくても効果絶大」なアイテムが進化!

続きを読む

アルミテープの効果と形状、除電範囲を詳しく説明

アルミテープ・バンパー1

ここではトヨタが考案したアルミテープによる除電の効果と貼り付け場所をなるべくわかりやすく、説明したいと思います。

トヨタ特許情報を読み解き、部分的に説明していきます。

説明部位はバンパー。他、アルミテープが効力を及ぼす範囲と、どのような箇所に貼れば効果的なのか?が開示されているので合わせて見ていきます。

参考ページ

車両及びその製造方法

続きを読む

実録!ガソリンスタンドの車整備は要注意!トラブル急増中!

私は10数年前、ガソリンスタンドでアルバイトを約1年間経験してきました。当時はフリーターであったので週5位でシフトを組んで出勤し、ほぼ社員と変わらない位の仕事量をこなしました。

そこでの経験があって幸か不幸か?今の車好き、という生活に繋がっているので人生経験としては非常に楽しいものだったのは間違いないのですが、そこでの仕事内容には疑問を持たざるを得ないようなところも正直ありました。

続きを読む

車にとってベストなエンジンオイル交換時期の考察

R2オイル交換

エンジンオイルはとても奥が深い。その種類もさることながら交換時期についても様々な意見があり、一体何を基準にすればいいのか?といった感じ。

ここではそのエンジンオイル交換時期について考察してみる。

ちなみに私はエンジンオイルに関しては素人も同然で、深い知識などは持ち合わせておらず、単純に1ユーザーとしての考えなどを書いていくので、その辺りご了承いただいてお読みください。

続きを読む

本当にこんなことあるの?ありえない対応の中古車屋

車に乗るようになって早14年が経とうとしています。

当時は色々な車に乗りたくて湯水の如くお金があれば1か月おきに乗り換えたい、などと考えている時期でもありました。

私の活動範囲は主に神奈川ですが、ただその車を見てみたい一心で別に買うお金もないのに東京の中古車屋まで車を見に行ったりと、1番車に対して情熱があったような気がします。

そうして色々な中古車屋を今までに数えきれない位見てきましたが、中にはありえない対応をしてくるお店もあったりしました。

今回はそういった体験談を踏まえながら、こんなお店はやめた方がいい。という感覚をお伝えしたいと思います。

続きを読む

その危険は突然やってきた…仕事で骨折、あわや大惨事

骨折

私達は普段何気なく過ごしていますが、危険は突然、なんの前触れもなくやってきます。

それは最近よく起こっている異常気象による豪雨だったり、大地震だったり、天変地異の類はどうにも防ぎようがありません。

他には例を挙げると車の事故に巻き込まれてしまったり、隣家の火災で自宅まで飛び火してきたりと、予期できない第3者の行動で危険にさらされてしまうことだってあります。

仕事もそう。いわゆるガテン系と呼ばれる仕事は危険を伴う仕事も多く、他の職種と比べるとケガや事故の比率は高く、業務にあたる際には注意が必要になってきます。

私の職種もガテン系とまではいかないまでも、工場で鉄などの鋼材を切削する現場なので1歩間違えば死に至ってしまうような危険がある仕事です。

先日、私は自身の不注意で仕事中に指を骨折してしまい、現在治療にかかっています。

このとき私は自分のことよりも、家族や職場の人達、同僚のことを考えていました。

続きを読む