新車時の3分の1、激安の日産リーフ。原因はバッテリー

日産・リーフ
スポンサードリンク

私の家の近所には日産のU-CARセンターがあります。日産の中古車をメインに車が置いてある展示場です。

最寄りの駅までの道のりを徒歩で行くと必ずそこのU-CARセンターの前を通るので、いつも何気なく眺めながら通るのですが最近よく思うことがあります。

それは「リーフの価格が安すぎではないか?」ということ。

つい最近では、28年モデルの走行1万kmそこそこしか走っていない極上の中古車が100万円前半の値段で置いてありました。

何故こんなに安いのか?調べていくと電気自動車ならではの「闇」を抱えていることが….。

続きを読む

スポンサードリンク

クーラント漏れ止めの種類と注意点

DTSラジエター漏れ

漏れ出すと厄介なクーラント。エンジンオイルよりも注意が必要だと感じます。

エンジンオイルは少し位漏れていても走行可能ですが、クーラントは一度漏れてしまうと箇所によってはエンジンオフ状態でも少しづつ漏れ出し、気づかない内に大幅に減っている危険性があります。

スポンサードリンク

そのまま放置してても止まることはなく、最悪オーバーヒートを起こしてエンジン破損にもなりかねません。

そこで補修用として市場にはエンジンオイル漏れ止めと同じように、クーラント漏れ止めも存在します。

クーラント漏れ止めは一体どんな仕組みなのか?本当に止まるのか?記載していきます。

続きを読む

キャデラックをディーラー車検に出したときの実際の金額

DTSエンジンルーム

キャデラックの車検費用は一体いくらかかるのか?と思っている方が結構多い印象なので、実際に前回かかった車検の費用を参考までに記載します。

私は車検はどんな車も基本的にディーラー(正規代理店)にしか任せません。キャデラックであればGMの取り扱いのあるヤナセに毎回出します。

続きを読む

キャデラックで実際に起こった故障実例集~納車から現在まで

ウォーターポンプ交換

キャデラックに乗りたい。だけど故障が怖くて購入に踏み切れない。そう思っている人はたくさんいるはず。

ここでは私が所有するキャデラックDTSを例に挙げ、納車してからこれまでに実際どこが故障してきたのか?順を追って記載してみようと思います。

DTSは購入当初、6年落ちの走行距離約8万km。日本ではやや走行距離が多いかな?といったところでしょうか。法人ワンオーナー車両です。この手の法人車はメンテにきっちりお金をかけて整備しますので、車両コンディションは悪くありませんでした。

実際に整備記録簿も全て揃っていると思われ、手厚くディーラーでメンテナンスされてきていたのがわかります。

当然ながら年代や車種によって故障する部分は違いますが、なんとなくのイメージは掴めると思います。国産車にはありえないような故障もありますので。

そんなところまで壊れるの?と面食らうかもしれませんけど、購入するとなるとこれらと上手に付き合っていかなければなりません。

続きを読む

シフトがパーキングから動かず、レッカーで運ばれる事態に

DTSシフト

それは突然やってきました。

ある日、買い物を済ませて車に戻りエンジンをかけようとすると、何故かシリンダーが回らない。

アクセサリーON、の位置で止まってしまう。

何かがおかしい。再度ブレーキを踏みこんだのを確認し、キーをひねる。やはり回らない。ひねるごとにメーターの演出である針が振りきれる様を何度も見ながら、少しずつ焦ってきた。

「もしやこのままエンジンがかからないのでは?」

予感は的中。結局そのままレッカーで搬送される事態になってしまいました。

続きを読む

カーシャンプーの選び方、安い物も大丈夫~研磨入りは避ける

水あか落としシャンプー

洗車するときに欠かせないアイテムがカーシャンプー。だけどカーシャンプーにも色々種類があって何を選べばいいのかわからなくなるときもあります。

洗車が好きな私は数百円するものから数千円するもの、ネット通販でしか手に入らないようなマニアックな物など、これまでに何十種類ものカーシャンプーを試してきました。

個人的な主観ではありますが、基本的にはオートバックスなどの安い物でも十分キレイにできます。

ここではカーシャンプーの選び方を、独自の目線で記載します。

続きを読む

スピーカーが鳴らないのはどこかで断線してるかも?

リアドア2

随分前の話になりますが今私が乗っているDTSが納車されて間もないころ、あることに気づきました。

それはスピーカーが鳴っていない、ということです。

鳴らないスピーカーはリアドアに取り付けられている部分で、普段はあまり必要性の感じないところではありますが、やっぱり鳴らないスピーカーをそのままにしておくのは気分的に良くありません。

スピーカーを交換すれば直るだろう、と考えていましたが….事態はそんな簡単なモノではありませんでした。

続きを読む