カスタマイズ

スポンサードリンク
スポンサードリンク

イコライザー調整~「パーフェクト」を試してみた

イコライザー・パーフェクト

昔からオーディオの音質を調整するのが好きでした。

CDラジカセやウォークマン、テレビやゲームなど大体の家電は音質を自分好みにいじっています。車も例外ではなく、イコライザーをあれこれいじってはまた違った楽しみを見出しています。

スポンサードリンク

今回イコライザー調整の1つの指針と言えるかもしれない、「パーフェクト」という波形?を試してみました。

続きを読む

スピーカー試聴比較~TS-V173S、X-170Sなど

デモボード

数年ぶりにスピーカーでも交換してみようかと真剣に考えました。

純正スピーカーは紙素材で、製造から10年も経てば劣化はどうしても進んでしまう。

そこまでカスタムする気はないけどちょっと変化させてみたい、ちょっといい音にしてみたい、という気持ちから交換するスピーカーをざっくりと決めて、店頭にあるデモボードで試聴してみました。

続きを読む

本当に恐ろしいタイヤのシミー現象~原因と対策

ソニカ スペアタイヤ

 

走行中なんだかハンドルがブレるような気がする….

それはもしかすると「シミー」と呼ばれる現象が起こっているのかもしれません。

これは放っておくとかなり危険な状況でヘタをすれば命に関わってくる、そんな恐い現象です。

今回は「シミー現象」について触れていきます。

続きを読む

レアルシルトでボディ剛性を上げる~乗り心地向上を目指す

レアルシルト

最近クライスラー300の現行型に乗る機会がありました。

非常に残念な話なのですがクライスラーは昨年末で日本への輸入を辞めてしまったらしく、今後は在庫分のみの販売となるようです。メンテナンスは受け付けるようですが、かつてのフォードと同じく事実上の撤退ですね。

そんなクライスラー300ですが、乗ってみて1番驚いたのが乗り心地の良さでした。

具体的には静粛性もさることながら20インチ(もちろん純正)を履いておきながら、突き上げ感のマイルドさに最も驚愕。

まるで17~8インチのホイールかのような突き上げ感。ちょっと悔しいけど私のDTSよりも乗り心地は勝ってました。

そこで何故乗り心地が良いのか?と考えました。300はベンツEクラスがベースになっているそうなので、元々の車体剛性が高いのではないか?と個人的に結論づけました。

DTSもボディ剛性を上げてみようか….どうしたら簡単に車体剛性を上げることができるのか….を考え、もしかしたらデッドニングに使うような制振シートが使えるのでは?と思い、施行してみることに。

続きを読む

格安HIDバルブの信頼性~中華製は当たり外れが多い

FCL HID

今はネットで検索すればハロゲンバルブ並み、いや、それよりも安くHIDバルブを購入することができる時代になりました。

バラストも付いて¥3980、など当たり前です。しかし、安すぎるが故の信頼性も昨今は問われています。

あまりにも安いと我々ユーザーにしてみると大丈夫なのか?すぐに壊れたりしないだろうか?と疑問に思うのは当然のこと。

私はこれまでに何十個ものHIDバルブをネットで購入してきました。そして感じることはやはりメジャーブランドには敵わない、ということです。

続きを読む

実用上では間違いなくイエローバルブがオススメ

イエローバルブ

先日通勤車のソニカのフォグランプに使っていたLEDフォグランプがチカチカ点灯しだして、そろそろ切れるのかな?

と思い、代わりに初めてイエローのバルブを入れてみたのですがこれが効果抜群。

見た目に抵抗がなければフォグはイエローの方が夜間や雨、霧時の悪天候にはいいのかも?

続きを読む

ワックス寄りの光沢~TTクリアーコーティングの感想

DTS TT完成

塗装面のリフレッシュと兼ねてからの興味で「TTクリアーコーティング」を施行しました。

同時に施行店のメニューであるヘッドライトリペアも施行。要するにヘッドライトコーティング。専門店での作業であるので、その仕上がりは量販店作業(オートバックス等)にはないもの。持続期間もリサーチでは2年程度もつ車両もあるとのこと。

コーティングには様々な種類があり、ユーザーを困惑させます。TTクリアーコーティングを検討している方もいると思うので、実際施行してみてどうだったのか?を中心に記載していきます。

続きを読む

フロント、リアガラスにアルミテープを貼る狙いと効果

Frガラス・アルミテープ

ここではフロントガラス、サイドガラス、リアガラスにアルミテープを貼りつけた時の効果やその狙いについて着目していきます。

ガラスにアルミテープを貼り付けるのはトヨタがこの技術を公表した当初から言われていた箇所で車種を問わずに施行しやすい部分でもあり、まずはガラスから貼る方も多いのでは?

公開当初のフロントガラスの隅に貼る方法とは別な貼り方を参考にしていきます。

続きを読む