アメリカ車の話

スポンサードリンク
スポンサードリンク

セダンの魅力は車としての本来のカタチの美しさにあると思う 

DTS&CTS

私は子供の頃からセダンタイプの車が好きだった。家で乗っていた車は2ドアのカローラ。

なんでウチは2ドアなのか??乗り降りしにくいし後ろは狭いし、大人になったら絶対4枚ドアの付いた車に乗る!

と、子供ながらに思っていたことが懐かしく思い出されます。

ちなみに当時は車に全く興味がなかったのですが、車に乗るならセダンタイプ。と決めていました。

変なこだわりがありましたね。

スポンサードリンク

 

その頃の夢は一応が叶って、メインの車は全てセダン車を乗り継いでいます。

最初はホンダ・KA7レジェンド。次もレジェンド(KA9)。

そして人と被らない車を。ということでそれを突き詰めたらアメ車になって、

リンカーン・タウンカー。そして現在はキャデラックDTSです。

 

 

 

続きを読む

アメ車の故障はこれさえわかれば怖くない!6つの主な場所。

DTSオフ

「アメ車はよく壊れる。」

こんな言葉をよく聞きます。輸入車をお乗りの方であればアメ車に限らず、外車は壊れやすいとか、すぐダメになるとか、色々言われることかと思います。

特に米国の車に関しては他の輸入車よりも風当りが強いのか、一層言われる言葉のように思います。今日はそんな私の、愛すべきアメリカの車の故障体験談を交えてお話ししようと思います。

 

続きを読む

キャデラックATS試乗記、国産・ドイツ車と張りあえる車

先日お伝えしたキャデラックATSのモニター当選。2日にわたって約150km程ATSを試乗できたので、そのレビューをしたい。私は休日にはキャデラックDTS、普段の足・通勤にはダイハツのソニカに乗っている。DTSが1stでソニカは2ndカーという位置づけになる。

今までのメインとした車はどれも大きなセダンばかりで、乗り心地を重視した車ばかり。ATSのようなサイズのセダンには乗る機会がなく、中々いい刺激になった。上記のような観点でのレビューになるので、キャデラックATSの本質はとらえきれてないかもしれないけど、これから購入を考えてる人たちに、少しでも参考になればと思います。

DSC_1227

続きを読む

キャデラックATSのモニターに当選した!!

なんとなくで応募したキャデラックATSのモニターキャンペーン。

 

さっき知らない番号から電話がかかってきて出てみると、キャデラック東名横浜店。

そのモニターに当選した、との知らせ。

 

最近はツイてる。

元来こういったモノにはあまり当たらないのでかなり嬉しい。

日程の調整をしてモニターの日にちは8/28~29までの2日間となった。

ca_Monitor_campaign_topbanner_960418

続きを読む

ちょっとだけアメ車の故障のお話し

アメ車はよく壊れる。

 

車好きならば1回はこんな言葉耳にしたことがあるはずです。

車に興味がなくとも外車は故障するイメージがあってお金がかかる。

こんな人もいるかと思います。

 

実際に自分自身でアメ車を約10年乗ってきましたが、やっぱり「アメ車はよく壊れるだろ?」

とか、よく聞かれます。

そのときどう答えるか?

 

続きを読む

キャデラックDTS~進化を遂げたフルサイズセダン

現在メインで私が乗っている愛車、07’キャデラックDTSです。キャデラックブランドでかつてフラッグシップ・セダンとして君臨していた車です。現在は新型のキャデラックCT6に変わっています。

かなり大型のセダンで全長約5.3・幅約1.9mあります。国産ではセンチュリーとほぼ同等のサイズです。4.6リットルV8エンジンは力強く、踏み込んだ時のエキゾーストサウンドもアメ車のそれを彷彿とさせます。室内も広く、この巨体でFFなので後席はFR駆動よりもスペースがあります。

ここでは私の愛車についてお話します。

続きを読む