アメリカ車の話

スポンサードリンク
スポンサードリンク

避けては通れない?キャデラックのオイル漏れ~場所と対策

キャデラック・リア

今も昔も、アメ車は個性的なルックスを持ち、ひと目見ただけでその人に強烈なインパクトを与える。日本にも数多くのファンが存在し、いつかは憧れのキャデラックに乗りたい。と少しづつ貯金をしている方もいるだろうと思う。

しかし、残念なことに多くのキャデラック車はある故障を頻発しやすいという可能性を秘めている。それは「オイル漏れ」だ。

酷い漏れに発展する場合もあり、完治させるにはエンジンを降ろして修理しなければならないケースがほとんどな為、そうなると多額の費用がかかってしまうので放置して我慢しながら乗っているオーナーも多数。

スポンサードリンク

そこで私はこのキャデラックのオイル漏れに関する情報を多方面から収集、本国アメリカのネットコミュニティなども参考に、ここにまとめてみようと思います。

ここではキャデラックシリーズの車、90年代から2011年頃までに搭載されていた「ノーススターエンジン」についてのオイル漏れを記載していきます。

 

続きを読む

アメ車購入時の注意点3つ~駐車場・車幅・左ハンドル~

DTSフロント

個性溢れるアメリカの車、見ているだけの「憧れ」から実際の「オーナー」になるまで、色々な葛藤がありましたが、私も乗り換えるときには相当悩みました。

なんせ周りの人達はみんな否定的な意見ばかりな上、アメ車に乗っている人なんて1人もいなかったんですから。あんな大きな車で街中をうまく走れるのか?出先で駐車できるのか?などなど。

今日はアメ車デビューしたときの頃の気持ちを思い出しながら、当時気にしていたことは実際どうであったのか?お話ししていきます。

 

続きを読む

車内が排気ガスくさい~その原因は自分の車にあるかもしれない

EGRバルブアップ

キャデラックDTSには購入当初から、長いこと悩まされたオイルが焦げたニオイが車内に充満してくる問題があった。

タペットカバーからの少量のオイル漏れがエキゾーストに垂れて燃えてしまい、そのニオイが室内に侵入してきていたことが原因だった。

これはタペットカバーのガスケットを交換したことで、完治させることができた。

しかしここ半年程、室内が排気ガスくさくなることが多く、原因を突き止めるべくあれこれ追及していた。現象の一因にガスケットの劣化が考えられたので交換。結果見事に減少させることができた。

 

続きを読む

うるさいブレーキ鳴きを止めるために、対策した2つのこと

ブレーキ鳴きは突如としてやってくるもの。主に社外の、効きのいいパッドに交換すると鳴く傾向にあります。車種によっては純正状態でも泣きやすいブレーキも存在します。

経験のある人はご存知でしょうけど、ブレーキ鳴きって結構うるさいですよね。そしてわりと恥ずかしい。以前乗っていたリンカーンタウンカー、リアブレーキの鳴きがひどく、相当悩みました。

ここでは、鳴き対策として施した施策をご紹介します。同じくブレーキ鳴きに悩んでいる人の参考になればと思います。

 

続きを読む

アメ車とは?現役アメ車乗りが特徴・魅力を語る。

DTSエンブレム

最初に断っておきたいのだけど、私は特にアメリカが好きではない。アメリカの事情にも詳しくないし行ったことなど勿論ない。親戚や友人知人にアメリカ人がいるわけでもない。だけどアメリカの車は好きなんです。

もともとは国産乗りでしたが、今ではアメ車がなければ私のカーライフは考えられないのも同然な程、その魅力にやられています。ここではそんなアメの事を語ろうと思います。

 

続きを読む

それほど高くない外車の維持費。国産車との比較。

タウンカーリア

以前は国産車に乗っていた私ですが、今は自他共に認めるアメ車乗り。初めは外車に乗るのはとても不安でしたよ。維持費どれくらいかかるのか?修理費や車検でとんでもない金額を請求されるんじゃないか?と。

でも実際はそんなに、目の玉が飛び出る程の請求はあまりされません。経験上。

そこで国産車とアメ車を乗り継いできた私が、実際にどれくらいの維持費がかかったか?比べてみようと思い、記事に起こしてみました。昔の話なのでうろ覚えのところもあります….。

 

続きを読む

トヨタアルミテープをインマニ、バッテリー、ヒューズボックスに貼った感想

パワステポンプアルミ貼り付け2

色々と試行錯誤を繰り返し、最近やっとベストと言えそうなテープの形状とポイントを調べた。今日は既存のテープを剥がして再度貼り付けたポイントを紹介する。

個人的には効果が体感できたので参考にしてもらいたい。当然車種によって効果は異なるし、効果の保証はできないのであくまでも参考程度に。この記事の車はキャデラックDTSだ。

現在までのアルミテープのことを調べた記事はこちらから

続きを読む

オークションで買った車(外車)の整備はどこへ出す?

タウンカーエンジンルーム

国産車にはない魅力が満載の輸入車。誰でも人生に1度は乗ってみたい、と思うのではないでしょうか。しかしその購入の足かせになっている1つに、どこのお店へ修理に出したらいいのか?という問題が出てきます。

国産車であれば、そこかしこ無数に存在する最寄りの各々のディーラーに持っていけば、1から10まで全てお膳立てしてくれます。他店で購入した車であっても診てくれます。

輸入車になるとどうしても国産車より取り扱う店舗が限られてきて、わざわざ遠くのディーラーまで持っていかなくてはならないことも。それが結構面倒感じてしまうこともあります。

しかも他店で購入した車だと、なんとなくいい雰囲気を出さない店舗もあるんです。信じられないことに。

業者オークションで購入した場合は輸入車だと尚更、整備しくれる店舗探しは重要です。車の主治医を探しておかないとあとあと厄介なことになりかねません。

どこへ出すのがベストであるのか?今回はそんな話です。

続きを読む