オイル選びに迷ったら、純正エンジンオイルを見直してみよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
エンジンオイル棚

世の中には実に様々なエンジンオイルが販売されている。1リットル300円台の激安オイルから、1リットル4,000円以上もする高額なオイルまで、いくつものメーカーが存在する。

その謳い文句も燃費が良くなる、エンジンを保護する、力強い走り、などなど各々のオイルのパッケージや店舗の商品説明に記載されていることだろう。

車のオイルを変えようと思ったとき、一体どれを選んでいいものか?迷った経験がある人もいるだろう。いや、車が好きな人であれば1度は経験しているはず。

そんなとき、純正オイルを選ぶ。ということも選択肢として入れておいてもらいたい。

 

スポンサードリンク

 

性能が保証された純正オイル

どこでも手に入りやすく、安価

トヨタ純正オイル

 

ホンダ純正オイル

これらの国産純正オイルは大手量販店ではもちろん、ホームセンターなどでも入手することができ、何より安い。少し値の張る純正オイルもあるにはあるけど、大体が鉱物油なので安価であるのが特徴。

鉱物油は寿命が短く、半年または5,000kmで交換することが望ましいとされている。ターボ車であればもっと早めに交換してもいい。この辺りは車両のマニュアルに記載されているので、そのサイクルを守れば問題ない。

国産純正オイルは鉱物油で構成されているものが多いので、オイルの性能ランクで言えばなんとなく1番下になってしまうようなイメージを持つ人も少なくないと思う。ちょっと前までは私もその1人だった。

 

エンジンオイルで大事なのは車との相性

エンジンオイルは鉱物油<部分合成油<全合成と、ざっくり言えばこのような感じにランクが分かれており、右にいくほど高価なオイルが増え、高性能とされている。

純正オイルはオイル「だけ」で判断すれば、確かにランクは低いかもしれない。だけどエンジンオイルで重要なのは車両との相性だと私は考える。どれだけ高いオイルを選んでも車に合わなければ最悪性能の悪化を招く。お金を捨てているようなもの。

その点、純正オイルを選べばその心配はなくなる。何故ならエンジン設計時にはメーカー純正オイルを使用して設計されているからだ。

エンジンは純正オイルありきで設計されている(基本的には)ので、マッチングは申し分ない。サイトの商品レビューなどでたまに見かけるけど、安くてフィーリングがいい、安心できる、と、大体が高評価。

スポンサードリンク

高額なオイルを入れればエンジンがシルキーになって、トルクも増すかもしれない。だけどそれは買って試してみないとわからないし、それほど良い効果が得られないかもしれない。高いお金を払ってハズレたときのショックは大きいもの。

だけど純正であればその心配はない。費用対効果、コスパは抜群と言える。知り合いには純正オイルしか入れない。という車好きの人もいる。こまめに変えていれば常に最良の、設計通りのパフォーマンスを発揮(理論上は)してくれるであろう。

 

GM純正指定、モービル1を入れる

R35GTR等でも指定されている0W-40を使用

モービル1 0w40

 

ここ1年程、私のキャデラックDTSにはこのモービル1の0W-40を使用している。店頭で購入すれば4L~8,000円程とやや高額なオイルではあるけど、Amazonで購入すれば5,000円程とかなりお得に購入できる。

DTSを購入してから色々なオイルを試してきた。国産のワコーズ、激安オイルのシェブロン、アメリカ産のロイヤルパープル、レッドライン、ケンドール….

そのどれを使ってもいまいちしっくりこなかった。オイル交換したのに、オイル交換直後のあのフィーリングに乏しかった。体感度合いも薄かったし、あまり変化を感じられなかった。

それがこのモービル1に変えてから、はっきりとフィーリングの変化を感じ取ることができた。指定オイルがモービル1だから。という安直な考えで選んだのだけど変えて正解だったようだ。

静かなエンジンは更に静かになり、力が欲しいときには瞬発力のある走りを見せてくれる。このオイルはAmazonの評価もとても高い。軒並み星4~5つが並ぶ。

この純正指定であるモービル1を選んで全体的にエンジンのフィーリングが良くなったことから、やっぱり純正で指定されているのには何かしらの理由があるなあ、と改めて認識させられた。もしかしたら純正採用うんぬん、といった話ではなくてフィーリングが良くなったのは単純にオイルの性能が高いから、という理由かもしれない。

唯一不満なところは0W-40では私のDTSだと持病のオイル漏れを起こしやすいところか。かといってこれ以上粘度を上げてしまうとフィーリングを悪化させてしまう。フィーリングを取るか、漏れ防止をとるか、悩みどころ。

 

エンジンオイル選びの1つの選択肢として

使ったことがなければ何かの機会に1度純正オイルを使ってみてほしい。全合成のよっぽどいいオイルを使っていなければ、おそらく悪い方向にはいかないのでは?と思う。

これがこの車の本来の感触なんだなあ。と味わってみるのも面白い楽しみ方かも。

オイル選びはその人なりのこだわりや嗜好もあるし、好きなメーカーの物を使えばいいと思っている。だけどそろそろ他の銘柄を試してみたい。どれにしよう?というタイミングになったら、今まで陰に隠れていた純正も是非候補に加えてもらいたい。

忘れていたor知らなかった意外な愛車の1面が見られるかも?しれない。

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

筆者へのご連絡はこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

コメントを残す

*