正しいドラインビングポジションで事故を未然に防ぐ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
スポンサードリンク

意外にも基本的な、正しいドライビングポジションというのはあまり広まっていないように感じる。熟練したドライバーであればある程自己流が身に染みている印象。

私は最近自分にとっての正しいドライビングポジション、というのを模索し続けている。そうすれば自己の防止にもなって、もしかしたら運転中の睡魔の軽減にもつながるのでは?と思ったから。

最近高齢者の事故ニュースがたびたび取り上げられている。高齢者の方の事故は多くが加齢による反応の衰え、運転中の視界の減少によるものとされているけど、正しいポジションを取れば少しはこういった事故も減らせる可能性がある。

 

スポンサードリンク

 

正しいドライビングポジションとは?

椅子に深く腰掛けると目が冴える

色々なサイトに記述があるけど、私はこちらを参照させていただいた。

ドライビングポジション

<GAZOO>クルマの運転の基本 ~正しいドライビングポジション~

 

この中で私が最も最重視したポイントは2つ、深く腰かける点と、ステアリングを握る位置だ。深く腰掛ける、というのを意識すると背筋も伸びて気持ちもシャキっとする。

私は通勤で毎日車を使用している。仕事が夜遅くなり、帰るのが遅くなると疲れからどうしても運転中に眠気を感じてしまう。これが曲者で、ヒヤっとすることが何度もある。

スポンサードリンク

こうならないために、眠気を感じたら冬場でも暖房をOFFにして窓を開けて換気をしたり、ラジオの音量を上げたりして対処しているけど限界がある。

このときに椅子に深く腰掛けると、不思議と眼が少しだけ冴えたりすることもあって、もしかしたらドライビングポジションを見直せばあまり眠たくならないのでは?と思った。

 

足が当たらないようにシート位置を調整

私は大柄な人間なのでシートの位置を調整するのが一苦労。なぜなら足がステアリング下部に当たるので、シート位置を後ろに下げなければならないのだけど、下げすぎると今度は手が届かなくなって疲れてしまう。

足が当たらない程度にシートを下げて、尚且つ腕を伸ばしきらない、疲れないところにポジショニングするのがとても難しい。ステアリングを上下だけではなく前後にも動かせれば調整しやすいのだけど、全ての車がそうではないので仕方がない。

 

正しい姿勢でアクセル踏み間違い防止にもなる?

これは私の持論なので根拠がないのだけど、運転中にポジショニングを再調整すると頭が冴えて運転している、ということに気が向くようになって自己を未然に防いでくれるのではないかと、そう思っている。

軽自動車のアクセルとブレーキペダルの位置は結構近く、私は足も28cmと大きい方なのでブレーキとアクセルを同時に踏んでしまわないか、いつも気になってしまう。ブレーキングしているときにちょっと足を位置がずれるだけでアクセルを踏めてしまうような恰好になってしまうのが少し怖い。

シートポジションを最適化すると必要以上に足が曲がらないので、ブレーキング時に少しではあるけどアクセルから足の距離が離れる。眠気も少しなくなるし、私の場合はポジションを見直す意味は大いにあった。

みなさんも少しドライビングポジションを見直してみてはどうだろうか?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

筆者へのご連絡はこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

コメントを残す

*