アラウーノSで50%以上節水!トイレリフォームのススメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
アラウーノS、リモコン
スポンサードリンク

1戸建てを中古で購入して早くも1年と半年が経ちました。ほとんど勢いで家を決めて後で後悔しないかなあ?と思ってましたけど、余計な心配でした。家も地域もとても気にいっています。

中古ではありますが、壁紙・フローリングはフルリフォームされているのでパっと見は築20年を感じさせません。ですけどトイレ、キッチン、バスは古いままでちょっと年代を感じてしまうのが引っかかっていました。

そのトイレをアラウーノSに変えて、約1年が経ちました。その使用感などを記載しようかと。

 

スポンサードリンク

●トイレを変えるだけで見違える

古いトイレはウオッシュレットではありましたが、色がくすんで黄ばんでいるようにも見えたし、肝心のウオッシュレットの水が出たり出なかったりと、不具合もありました。

トイレは早いうちに変えよう、と妻とも話していた矢先、近所のヤマダデンキでアラウーノSが安売りしていました。

展示品限りということで、少し汚れてはいたもののほぼ即決で決めました。その気になる値段は本体のみだと5万円という破格の安さ。

工賃を含めても9万円程だったので、追加オプションで手洗いもつけてもらって、トータル約13万程で取り付けることができたのでかなり満足しています。その手洗いも値引きしてもらいました。コチラです。

アラウーノS取り付け

 

古いトイレの画像がないのが申し訳ないのですけど、トイレが新しい。というだけでかなり見違えます。

一気にクリーンさが増します。ここまでキレイな雰囲気になるとは思っていませんでした。長時間居座りやすくなってしまいました(笑)

このアラウーノSは2014年製。新型のアラウーノSが出るタイミングで、このアラウーノSのキャンセルが出たようで、それが展示品として販売された、とのこと。

最大の特徴の1つとして、昨今のトイレは節水能力に優れています。従来のトイレでは大を使用時、約13Lもの水を使用するそうですが、このアラウーノは大を使用時、約5.7Lしか使用しません。加えて節電機能もついており、家計にも優しい仕様となっています。

あれからヤマダデンキはちょくちょく覗いていますが、未だにこれを超える安さのアラウーノは出てきません。本当に得しました。そしてこちらが操作するリモコンになります。

アラウーノS、リモコン

 

キレイにまとめられています。こんな風にトイレを操作できるなんて、最初はまるでホテルとか高級な宿に泊まっているかのような気分になりました。それももう慣れてしまって、なんとも思わなくなってしまいましたが。

 

●取り付け時の注意事項

ヤマダの販売員の方に言われたのですけど、自宅が高い場所にある家にはこのトイレはオススメできない、と言われました。

タンク式ではないので水流、水を流す力を確保するのに、家が高い所にあると水流が弱くなってしまい、流せるものも流せなくなってしまう恐れがある、と説明されました。

例えば高層マンションの最上階とか、山のてっぺんに家が建っている、とか。そこまで水を持っていくまでに水流が弱まってしまうようです。なので不安な方は取り付け前に業者の方にお願いして、水流のチェックをすることをオススメします。

スポンサードリンク

 

●水ハネにちょっと注意が必要

リモコンの1番左下に便器水位、というボタンがありますが、これはその名の通り、便器の水位を上げ下げすることができます。殿方の用を足すときにこれで水位を下げると、水ハネを抑える効果があります。

しかし、このアラウーノは水の水位がもともと高めなので下げたところで結構な水がハネます。説明書にも男性の用を足すときは便座に座ってするように、と推奨されています。私そのうちに座ってするようになりました。

座って用を足すことに抵抗がある男性はイヤかもしれません。

 

●自動洗浄機能が便利

おそらく便座に着座している時間をセンサーで感知しているのだと思うのですが、着座して立ち上がると3~4秒程経ってから自動で泡洗浄が始まってキレイに流してくれます。わざわざボタンを押さなくて済むので便利です。

 

●泡洗浄の薬剤は台所用洗剤でOK

このアラウーノの売りである泡洗浄ですが、台所用の洗剤が薬剤になっています。台所用洗剤を所定の補充口に入れるだけで泡となって洗浄してくれます。

ボタン「小」では洗剤は出ず、「大」で初めて泡洗浄が開始されます。見た目にもキモチがいいのでついつい「大」を押しがちになります。

しかし、その洗浄効果の程は??といった感じで、取りつけてから3か月程したらトイレ全体がちょっと黒ずんできました。少しこすれば落ちましたが….これは本末転倒なのではないでしょうか。

まあ普通のトイレにすれば汚れは落ちやすく感じましたけど、ちょっと疑問に残る機能ではあります。

 

●材質はプラスチック?樹脂?

トイレと言えば陶器であることが相場にも思えますが、このアラウーノSはなんともプラスチッキーな材質です。新しいガラス材質?とのことですけど、軽い質感で安っぽい。今のトイレは大体こんな感じなのでしょうか。なのであまりカラ拭きするとキズだらけになってしまいそうです。

ヤマダの販売員の方も、あまり便器をブラシでゴシゴシとこするように洗うのはやめた方がいいです。と言っていました。

 

●手洗いは不要??

このアラウーノSの手洗いオプション、便器とは別に取り付けるタイプの物です。

手洗い

 

左向きと右向きで選択できるのですが、右向きにするとプラスで1万取られてしまうので、左向きを選択。理由は聞きませんでしたが、おそらく配管が右向きだと長くなってしまう為に、その分手間賃と材料代がかかるのでしょう。

見た目にはかっこ良く、絵になるのですが、業者の方に伺うと近年ではこの手洗いを付けない方も多くいらっしゃるとかで、この手洗いを取り付けるのは久々でちょっと手こずったと言っていました。

付けない理由としてやっぱり金額がかさんでしまうのと、余分なスペースも取られてしまうのも一因としてあるようです。でもトイレで手洗いが無いのもなんだかなあ….という方は迷わず取り付けてもいいとは思います。

 

●ネットの安売りではなく、実店舗を選んだ理由

ネットで探せば安く取り付けてくれる業者さんは色々ヒットしますが、ヤマダデンキを選んだ1番の理由は、信頼できるからです。何かあった場合でも、担当の方にお願いすれば即対応してくれますし、ネット店舗の評判は様々で少し不安があったからです。

もちろん優良なお店も中にはあるはずですが、トイレなんてそうそう交換する機会はないし、それならば博打を打たずとも確実に信頼の置けるお店に任せようと思いました。

大事なマイホームですから。

今回交換したことでなんとなく家の雰囲気も明るくなったような?そんな気がします。

実際、親戚や友人を家に招くととても喜ばれます。家のリフォームの中でも比較的安価な部類とも言えますので、そろそろうちも….と思われている方、思い切ってリフォームしてみてはどうでしょうか?

 

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

筆者へのご連絡はこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

コメントを残す

*