話題のエアウィーヴを店頭で試してみた感想。ムアツ、Air比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
エアウィーヴ

私は筋金入りの腰痛持ちだ。

腰痛歴は20年に達しようかというところ。

毎日痛いわけではないけど、やっぱり調子の悪い時は重たい物などは持てない。

1日中腰回りがズキズキする日もある。

今まで数多くの接骨院や整形外科に通ったが、完治する気配はない。

 

そんな中、家内がエアウィーヴを買いたい。と申し出てきた。

エアウィーヴ??初めて聞いた。

調べてみると結構お高い寝具であることがわかった。

スポンサードリンク

マツコ・デラックスのCMで印象的なムアツ。

 

ムアツ

 

 

数々のアスリート達が広告塔になっているAir。

 

エアー

 

エアウィーヴはこれらに属する、プレミアムな寝具だ。

 

家内も最近は腰痛で悩んでいる。

そこで布団を変えることで寝る姿勢を改善して体のゆがみやらを正し、

同時に最良な睡眠を得られれば。と思ったようだ。

 

人生の3分の1は寝ている。とはよく聞く言葉だ。

3分の1も寝て過ごしているのだから、最も効率よく良質な睡眠を取って体の疲れを癒し、

最適な姿勢で寝ることは案外重要なことではないか?

と思うに至った。

 

幸いなことに近所の百貨店にはムアツ、エアウィーヴ、Airが体験できる場所がある。

思い立ったが吉日、早速行ってみた。

 

 

 

●体験してみる

・ムアツ

売り場に到着すると早々に店員が着き、商品説明をしてくれる。

ありがたいやら迷惑やら。

マツコのインパクトが強いのか、ムアツはやたらと印象に残っている。

 

早速体験スペースで寝てみる。

ん?こんなものか….??

正直言って特にこれといった感動はなかった。

試したのはフロアタイプだ。

 

主なムアツの特徴として(HP抜粋)

・受け止めた体重圧を水平・放射状にバランスよく分散。寝ている間体が安定し快適な寝心地を保つ。

・中芯は特殊なウレタンフォームでできています。わた切れやほこりが出ない上、ダニや虫の温床になりにくい素材です。また通気性がいいので、風通しの良いところに立てかけるだけでいい為、お手入れが簡単です。
さらに、凹凸構造のウレタンフォームのほどよい硬さが、自然な寝姿勢に保ちます。
自然体で立った時にできる首と腰の後ろのカーブを寝ている間も再現するので、身体への負担を軽減します。

 

他、2016モデルから更なる寝心地と通気性の向上にこだわった、とのこと。

 

ムアツはその名のとおり、体全体の体圧を均等に布団で受け止めて力を分散させ、

無理のない、それでいて最良な姿勢で寝ることをコンセプトとしている製品のようだ。

スポンサードリンク

 

これまで寝具に特にこだわりのなかった自分には、

ちょっとやわらかめの布団。

位にしか感じられず、これにここまでの値段を払う価値があるのかどうか?疑問に思っていた。

いや、長年使用していればきっと体に良い変化をもたらすに違いない。

そう自分に言い聞かせてもいた。

 

 

・エアウィーヴ

家内はムアツが気になるようで、店員に詳しく話を聞いている。

自分にはどうもムアツは心に響かなかったようだ。マツコの印象ばかりが残ってしまった。

私はそのスキをついて店員から逃げ出し、すぐ隣のエアウィーヴコーナーへと向かった。

 

これは見た目からして何か違う。材質がスポンジやウレタンの類ではない。

こういったちょっと風変わりな方が性に合うのか、すぐさま惹かれた。

 

 

エアウィーヴの主な特徴(HP抜粋)

・体重を押し返す力が強いため、身動き・睡眠時の寝返りが楽に。

・優れた体圧分散で、体に負担がかかりません。

・マットレスパッドの中のairfiberは90%以上が空気のため、通気性がバツグンで蒸れにくい構造です。

また、冬は暖かさを保ちます。

 

体圧分散の面はムアツと目的が同じ。

ただこちらは素材が特殊。ポリエステルのような、そんな人工感アリアリな素材。

これはうちだと功を奏すかも。

うちの寝室はわりと湿気があるので、梅雨の時期などちょっとカビくさいときがあったり、

ダニの被害にも合う。

エアウィーヴならこの心配はあまりしなくて済みそうだ。

 

 

見ているとすぐにも店員が寄ってきて、説明をしてくれた。

それもそうだ、こんなに高価格の布団は置いてあるだけではポンポン売れない。

こちらから(販売側)囲い込みをかけないと中々実績には繋がりにくいだろう。

などと色々と考えながら話を聞いていた。

 

こちらも試しに寝てみる。

ん?硬い。普通の布団よりも明らかに硬い。

しかしこの硬めな布団が逆に新鮮で、心地よかった。

 

 

私はよく横になって寝る。腰痛持ちに多い体勢らしい。

横になって寝ると肩が圧迫されるけど、エアウィーヴはあまり苦しさを感じなかった。

枕のせいかもしれない。枕も同製品だ。

 

メーカーでは腰痛治療や緩和は謳っていないけど、

実際に腰痛が改善された。との声も多数ある。と店員の女性。

 

ここまでは中々好印象だ。しかしネックは価格。

敷き布団タイプはシングルでも10万を優に超える。

コスパは最高に悪いと言える。

 

今お使いの布団に重ねていただいても結構です。

とのことで、体験コーナーで実際にマットレスタイプを重ねていただき寝てみたところ、

これだと柔らかすぎるし、体が沈みすぎてエアウィーヴの特徴を潰していると感じた。

この製品の性能を活かすならば1枚敷にしなければダメだろう。

 

 

・Air

これはハッキリいってムアツとの違いがあまりわからなかった。

強いて言えばカラフルでカッコイイことくらいか(笑)

単に私が鈍感なだけかもしれない。

ちょっと試してムアツとあまり変わらないな。と思い、Airコーナーから離れてしまったので、

あまり体験自体はしていない。

後日また改めて体験しようと思う。

 

 

 

最近の寝具は色々あって何がいいのかよくわかりません。

枕の高さ1つとってもどれが正しいのか….。

 

今はお話しした3つの内どれかを購入する前提で話を進めているので、

もう少しじっくりと下調べして、売り場に挑んでみます。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

筆者へのご連絡はこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

コメントを残す

*

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.