マネーの虎の南原社長、V字回復!100億の負債から脱却!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
スポンサードリンク

先ほど「しくじり先生」を見ていたところ、

あのマネーの虎に出演していた南原社長が先生として出演していた。

私はあんまりマネーの虎は見たことはなかったけど、名前は知っていた。

 

この社長テレビ出演したその後、年商100億から1年で負債100億を抱えて倒産。

ホームレス生活をしていたという。

 

さらに驚くべきは現在は再度、年商100億の社長として返り咲いているという。

スポンサードリンク

●年商100億から転落

 

輸入自動車の販売業として、バブル絶頂の頃は本当に儲かったみたいだ。

しくじり先生の放映を見たまま伝えると、紙袋に1億の札束を持ちながら歩いていたとか。

3,000万のベンツを足代わりにして、プライベートジェットをレンタルして海外に行くとか、

なんとも豪華な生活をしていたようだ。

 

それが2005年に大口の取引先が事業破綻し、そこから約5週間で会社倒産に追い込まれる。

とても壮絶な話だった。

 

気になったので調べてみると、大口の取引先とはあのローバーだった。

スポンサードリンク

 

「2003年7月、オートトレーディングルフトジャパンが日本におけるMGローバーの正規輸入・販売者となり、 ディーラー網「MG Rover Nippon」を開業したものの、MGローバー社経営破綻に伴いその事業は終了した。」

と、wikiにはある。

 

 

しかしよく100億も負債を抱えて回復できたなあって思う。

結局この人の経営手腕とかセンスが良かったんじゃないかと。

死ぬほど努力もしたはず。

 

 

●結局のところ本人次第

 

以前勤めていた派遣会社の社長と話していたとき、

尊敬してやまないTM NETWORKの話になった。

そのリーダーは小室哲哉で、小室は色々プロデュースさせてヒットを連発して凄いね。

という内容の話をしていたとき、その社長は

「その小室哲哉も仮に音楽で成功しなくても、何かで成功してたと思うよ。そんなもん。」

と言っていたのを思い出した。

 

20代半ばの頃の自分にはちょっと遠く聞こえる、言葉だったけど、

今になってその言葉がわかるというか….。

 

成功する人っていうのは人より何倍も努力してる、それが何に対してもその姿勢は変わらない。

そういうことなんじゃないかな。

 

 

明日も仕事がんばろう。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

筆者へのご連絡はこちらから

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

コメントを残す

*